high land church
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『RM MODELS』No.191に鞆鉄道と魚沼交通のボンネットバス掲載

『RM MODELS』No.191 表紙
5月21日にネコ・パブリッシングから発売された『RM MODELS』No.191に掲載の「模“景”を描く 85」(イラストレーター 西村慶明氏 担当)で、当館が再生し鞆鉄道魚沼交通で活用いただいておりますボンネットバス・いすゞBX341が紹介されています。どうぞご購読ください。
(記事中、BX341が4.15mのショートホイールベース車であると紹介されておりますが、正しくは4.3mの標準ホイールベース車です。)

どちらが鞆鉄道のBX341で、どちらが魚沼交通のBX341か、お分かりになりますか?
上の画像は、2007年8月に小説『海を抱いたビー玉』の発行を記念して魚沼交通のBX341が当館へ里帰りした際に、鞆鉄道のBX341との並びを撮影したものです。画像を加工し、方向幕とナンバープレートの文字を伏せています。
どちらが鞆鉄道のBX341(1958年式,新日国工業)で、どちらが魚沼交通のBX341(1959年式,金澤産業)か、お分かりになりますか?
15:00 | trackbacks(0)

サンエイムック『バストラ』Vol.1にボンネットバス・いすゞBX141掲載

バストラ Vol.1 表紙
明日1月31日(月)に三栄書房から発売される“働くクルマと働くドライバーのグラフィック誌”『バストラ』Vol.1(創刊号,全100ページ)に、大分県豊後高田市ボンネットバス・いすゞBX141(1957年式,北村製作所)と、同車が活躍する「昭和の町」、そして同車を再生した当館などの紹介記事が16ページにわたって掲載されました。
続きを読む
18:00 | trackbacks(0)

『Old-timer』116にマツダB1500紹介記事掲載

       Old-timer 116 表紙
昨日12月25日に八重洲出版から発売された『Old-timer』116に、当館が7月に広島市佐伯区湯来町内より引き取りましたマツダB1500(BUB61型)廃車体の紹介記事が掲載されました。
動態の希少車を通常紹介される連載企画「レア車の殿堂」において、「番外編」として不動状態の当車両が紹介され、販売不振の原因となったB1500初期型(BUA61型)のフロントサスペンションまわりのトラブルとは何だったのかについても、貴重な資料にもとづき解明されています。
みなさま、どうぞご購読ください。
当館ミュージアムショップでも取り扱っております。どうぞご利用ください。
続きを読む
15:10 | trackbacks(0)

『年鑑バスラマ2010→2011』にボンネットバス公開イベントの写真掲載

年鑑バスラマ2010→2011 表紙
国内のバス車両やバス事業の動向などを紹介されるバス年鑑『年鑑バスラマ2010→2011』が、ぽると出版から本日発行されます。
続きを読む
12:30 | trackbacks(0)

『バスラマ』121に豊後高田市のボンネットバス里帰りレポート掲載

バスラマ インターナショナル 121 表紙
8月25日にぽると出版から発行される『バスラマ インターナショナル』121に、先月、大分県豊後高田市のボンネットバス・いすゞBX141の里帰りに際して開催いたしましたイベントについて、F様寄稿のレポート「真夏の白昼夢?! BX141里帰りでボンネットバス5台が勢揃い!!」が掲載されています。
みなさま、どうぞご購読ください。

【『バスラマ』関連 前掲記事】
『バスラマ』119にボンネットバス・ニッサンU690紹介記事掲載(2010.4.22)
09:00 | trackbacks(0)