high land church
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2月13日(日)、当館駐車場を会場に旧車イベントが開催されます

マツダの三輪トラック6台並び
当館のボンネットバスがイベント参加で遠出する際などにいつもお世話になっている糸目ホールディングス(旧琺瑯看板補完委員会)様主催による旧車イベント、糸目姐さんの失血日記オフ会「第2回糸目フェス」が当館駐車場(大型バス駐車場)を会場に、2月13日(日)に開催されます(午前10時〜)。
当館ではこれに協力し、7台の車両を出展いたします。
特に今回は「オート三輪とその仲間たち」をテーマに開催されることから、通常非公開の車両3台を含む東洋工業(マツダ)製三輪トラックなどを出展いたします。
みなさまどうぞこの機会にご来館いただき、ご覧ください。
マツダの三輪トラック6台並び

出展する車両は、次のとおりです。
 三輪トラック・マツダ号GA型(1949年式,館内展示車両,画像右端)
 マツダ三輪トラックCLY71(1956年式,通常非公開車両,同右から2番目)
 マツダ三輪トラックGLTB77(1957年式,通常非公開車両,同右から3番目)
 マツダ三輪トラックT2000(TVA32S,1968年式,館外展示施錠車両,同左端)
 マツダT600三輪ダンプ(TEA55,1971年式,新明和工業川西モーターサービス,
  通常非公開車両,同右から4番目)
 日野コンマース(PB10,1960年式,館外展示施錠車両)
 ホンダT360軽四輪トラック(AK250,1966年式,館内展示施錠車両)

参加車両は、主催者・糸目ホールディングス様所有のマツダ三輪トラックT1500(TUB85N,1968年式,画像左から2番目)、マツダB1500廃車体の発見者でもある低速貨物様が昨年末より修復中のマツダT2000三輪ダンプ(TVA1DB,1971年式)など、10台あまりが予定されています。

【関連前掲記事】
当館駐車場を会場に旧車イベントが開催されました(2010.2.23)
13:00 | trackbacks(0)

6月10日(木)は「時の記念日」です

和時計(掛時計)
毎年6月10日は、「時の記念日」です。
時の記念日は、『日本書紀』の天智天皇10年(671)4月25日(新暦6月10日)の記述に、わが国で初めて「漏刻(ろうこく、水時計)」を使用し鐘を打ち人びとに時を知らせたとあることにちなみ、大正9年(1920)に東京天文台と生活改善同盟会によって制定されました。
当館でもこれにちなみ、時の流れを伝える様々な時計に触れていただき、みなさまが時間を大切にされる暮らしを育まれるきっかけとなるよう、毎年6月10日は、大人の方は割引料金、高校生以下の方は無料でご入館いただけることとしております。
どうぞご来館ください。
14:30 | trackbacks(0)

6月10日(水)は「時の記念日」です

和時計の一種、「枕時計」です。2008年大晦日に撮影の当館時計台ライトアップ写真です。
毎年6月10日は、「時の記念日」です。
時の記念日は、『日本書紀』の天智天皇10年(671)4月25日(新暦6月10日)の記述に、わが国で初めて「漏刻(ろうこく、水時計)」を使用し鐘を打ち人びとに時を知らせたとあることにちなみ、大正9年(1920)に東京天文台と生活改善同盟会によって制定されました。
当館でもこれにちなみ、時の流れを伝える様々な時計に触れていただき、みなさまが時間を大切にされる暮らしを育まれるきっかけとなるよう、毎年6月10日は、大人の方は割引料金、高校生以下の方は無料でご入館いただけることとしております。
どうぞご来館ください。

【本日掲載のその他の記事】
『海を抱いたビー玉』が出題に利用された高校入試問題掲載の問題集発行
小学館文庫『海を抱いたビー玉』 フタバ図書アルティ福山本店で文庫部門ベストランキング第4位
四国放送(テレビ)『あさ6・30』(6/5放送)で紹介されます
16:30 | trackbacks(0)

JAF会員優待見学会開催

博物館外観とボンネットバス・日野BA14博物館内観(左から T型フォード,ダットサン フェートン,同 セダン)
2月の全国統一JAFデーである2月14日(土)、当館でJAF会員優待見学会を開催します。
この見学会では、当館恒例のボンネットバス試乗会よりも時期早く、ボンネットバスにご試乗いただけます(試乗距離約4辧⊇衢彁間約20分)。

開催日:2月14日(土)
開催時間:午前の部10:00〜11:30、午後の部13:00〜14:30
入館料:大人600円・中高生400円・小人(3歳以上)200円
     通常のJAF会員優待割引料金よりもさらにお得です
募集人数:午前の部・午後の部各30名(定員になり次第〆切)
お申込・お問合先:JAF会員証をご用意のうえJAF広島支部(TEL 082-272-0323)へ

JAF Mate』2009年1・2月号(中国地方版)に掲載の「中国・イベント/会員優待」情報欄(58頁)をあわせてご覧ください。
14:30 | trackbacks(0)