high land church
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ボンネットバス・いすゞBX141 豊後高田市の広報誌に特集掲載

豊後高田市広報誌『市報ぶんごたかだ』8月号の表紙
当館が修復・再生し、7月18日に大分県豊後高田市へ嫁入りいたしましたボンネットバス・いすゞBX141(1957年式,北村製作所)が、同市の広報誌『市報ぶんごたかだ』8月号に掲載されました。
表紙(1ページ)から3ページにわたり特集掲載されているほか、12ページの「まちの話題」のコーナーにも記事が掲載されています。
豊後高田市役所のホームページにPDF形式で掲載されておりますので、次のURLより、どうぞご覧ください。
http://www.city.bungotakada.oita.jp/content/000004081.pdf

また、8月1日付けの大分合同新聞朝刊、8月3日夕方放送のTOSスーパーニュース(テレビ大分)でも紹介され、その報道内容はWEB上にも掲載されています。
あわせて、どうぞご覧ください。
 8月1日付け大分合同新聞 ボンネットバス発車 豊後高田「昭和の町」
 8月3日 TOSテレビ大分 昭和の町のレトロな味わい (動画あり)
16:30 | trackbacks(0)

ボンネットバス・いすゞBX141 大分県豊後高田市への嫁入り道中記

ボンネットバス・いすゞBX141(1957年式,北村製作所)が、大分県豊後高田市へ嫁入りしてから、早いもので10日あまりが経ちました。道中記をまとめましたので、どうぞご覧ください。


7月15日(水)

14:30 豊後高田市関係者と豊後高田 昭和の町の看板車・ダイハツミゼットMP5、当館に到着。
当館および豊後高田市関係者、いすゞBX141の形式写真等撮影。随行する日野BA14(1958年式)・ニッサンU690(1963年式)とあわせて3台の両側面に、嫁入り道中PRの幕を取り付け。


7月16日(木) 曇のち雨 福山市→山口市

7:00 関係者、当館へ集合し、結納式の準備開始。日野BA14・BH15(1961年式)との3台並び写真撮影。
日野BH15・いすゞBX141・日野BA14の3台並び
8:30〜8:55 当館駐車場において結納式および日蓮宗實相寺院代による道中安全祈願。
結納式 開式結納の儀 結納品の贈呈
結納返し 当館発→昭和の町行き切符の贈呈日蓮宗實相寺院代による安全祈願
テープカット昭和の町宣伝隊長による出発宣言
9:20 当館を出発、ミゼットMP5の先導で福山市内をパレード。
ミゼットMP5の先導で当館を出発国道2号線(西桜町)を行くボンネットバス3台
9:50〜10:15 鞆鉄道を表敬訪問。同社で活用いただいている いすゞBX341(1958年式,新日国工業)は、車検に伴う整備中のため、残念ながらBX2台並びは実現せず。
10:35 福山西ICから山陽自動車道に乗る。
12:15 宮島SAに到着、昼食&PR。
13:10 宮島SAを出発、14:15 下松SAに到着、休憩&PR。
14:30 下松SAを出発、15:10 防府東ICに到着。
国道262号線経由で山口市に向かい、15:45 山口市の山口県立山口図書館駐車場に到着、PR。
その後も、16:25〜50に香山公園駐車場で、17:00〜30に山口県庁駐車場で、それぞれPR。
国宝の瑠璃光寺五重塔がある香山公園を訪れたボンネットバス3台重要文化財の旧山口県会議事堂をバックに山口県庁駐車場に並ぶボンネットバス3台
各車給油し、山口県立山口図書館駐車場に戻る。
本日の走行距離233辧9眤道路上の走行時間3時間25分、平均時速57/h。
燃費は、日野BA14が5.67/ℓ、ニッサンU690が6.64/ℓ。
サンルート国際ホテル山口に宿泊。
同ホテル・ロビーの来訪者向け書棚には、なんと『海を抱いたビー玉』(山海堂版)が配架されていました。(関係者の誰かの仕込みかと疑いましたが、同ホテルのフロント・スタッフのセレクトで、以前から置いてくださっていたそうです。)
『海を抱いたビー玉』(山海堂版)が配架されていたサンルート国際ホテル山口・ロビーの来訪者向け書棚


7月17日(金) 曇のち晴 山口市→北九州市→福岡市→大分市

8:15 山口県立山口図書館駐車場を出発、8:40 小郡ICから中国自動車道に乗る。
日野BA14とニッサンU690は、通勤割引時間帯につき、ETC利用。
小郡ICから中国自動車道に乗る ETCレーンへ進むニッサンU690中国自動車道(美東SA付近)を疾走する いすゞBX141
関門橋を渡り、9:50 門司港ICに到着。
10:00 北九州市の門司港レトロに到着、港ハウス前にボンネットバス3台とミゼットMP5を並べて展示し、PR。
門司港レトロの港ハウス前に並んだボンネットバス3台とミゼットMP5
11:30 門司港レトロを出発、門司区内をパレード。
11:55 門司ICから九州自動車道に乗り、12:55 古賀SAに到着、休憩&PR。
13:10 古賀SAを出発、13:25 福岡ICに到着、福岡都市高速4号線に乗り1号線経由で、13:40 天神北ランプに到着。
13:40〜15:30 福岡市中心部でPR。いすゞBX141は、福岡天神大丸横で西日本新聞などにPRした後、KBC九州朝日放送社屋前でPR&ラジオ生紹介。日野BA14とニッサンU690は、過剰とも思える西鉄のバス列で渋滞する天神・中洲地区をPRのため2周する。
渡辺通り(西鉄福岡駅前)を行く いすゞBX141中洲を行くニッサンU690
渡辺通り(西鉄天神バスセンター前)を行く日野BA14KBC九州朝日放送を訪れた いすゞBX141
15:30 KBC九州朝日放送を出発、天神北ランプから福岡都市高速1号線に乗り2号線経由で、15:50 太宰府ICに到着。
太宰府ICから九州自動車道に乗り、16:05 鳥栖JCTから大分自動車道に入り、16:30 山田SAに到着、休憩&PR。
17:00 山田SAを出発、18:20 由布岳PAに到着、休憩。
由布岳PAで涼むボンネットバス3台 背後の山が由布岳(標高1583m)
18:30 由布岳PAを出発、19:05 大分ICに到着。
各車給油し、19:40 宿泊先のホテル豊の国に到着。
本日の走行距離337辧9眤道路上の走行時間合計5時間35分、平均時速54/h。
燃費は、日野BA14が5.40/ℓ、ニッサンU690が6.73/ℓ。


7月18日(土) 晴 大分市→豊後高田市

9:00 ホテルを出発、9:30 OBS大分放送に到着、同社屋前でPR&テレビ番組「かぼすタイム」で生紹介。
OBS大分放送を訪れたボンネットバス3台とミゼットMP5OBS大分放送社屋に向けられた ま〜るい三つのお尻
10:35 OBS大分放送を出発、国道197号線・10号線経由で、豊後高田市に向かう。別府市内で、いすゞBX141と日野BA14を並走させる。
別府市中心部の国道10号線を並走する いすゞBX141と日野BA14
12:30 豊後高田 昭和の町に到着。披露宴会場の新町商店街駐車場まで、夢いろ幼稚園児による鼓笛隊の先導で新町通り商店街をパレード。
新町通り商店街をお披露目パレードたくさんの方々に迎えられて新町商店街駐車場に到着した いすゞBX141
12:50〜13:30 披露宴。
披露宴 宣伝隊帰着報告披露宴 餅まき
13:40〜15:15 昭和の町周遊のボンネットバス体験試乗会。いすゞBX141は4周、日野BA14とニッサンU690は各3周、昭和の町をめぐる。
たくさんの体験試乗者を乗せて新町商店街駐車場を出発する いすゞBX141新町通り商店街から駅通り商店街へ進む いすゞBX141
新町通り商店街を行く日野BA14昭和ロマン蔵横を行くニッサンU690
本日の走行距離73辧
20:00〜20:30 昭和の町で開催されたキャンドルナイトを視察。昭和ロマン蔵でろうそくの灯りに包まれ展示されていた いすゞBX141のマーカーランプなどをサプライズ点灯。
昭和ロマン蔵でろうそくの灯りに包まれ展示された いすゞBX141マーカーランプなどをサプライズ点灯
ホテル清照に宿泊。


7月19日(日) 曇時々晴 豊後高田市

10:00〜16:10 体験試乗会。いすゞBX141は長崎鼻サマーフェスティバル会場と香々地庁舎との間を周遊、ニッサンU690は毎回満員御礼で昭和の町を周遊、日野BA14は昭和の町と長崎鼻サマーフェスティバル会場との間(片道約20)を2往復。
体験試乗者を乗せて長崎鼻を快走する いすゞBX141長崎鼻に向かう途中、日本の夕陽百選に選定されている真玉海岸を訪れた日野BA14
16:40〜50 嫁入り道中PRの幕が取り外された いすゞBX141の形式写真を昭和ロマン蔵入口で撮影。
昭和ロマン蔵入口で撮影の いすゞBX141形式写真(暫定)
日野BA14とニッサンU690に給油し、17:05 宿泊先のホテル清照に到着。
本日の走行距離87(日野)。18日〜19日の燃費は、日野BA14が4.50/ℓ、ニッサンU690が5.35/ℓ。


7月20日(月・海の日) 雨 豊後高田市→福山市

8:20 ホテルを出発、県道23号線・215号線・629号線を通って、国道10号線に出る。
9:05 道の駅 しんよしとみ(福岡県築上郡上毛町)に到着、休憩。
9:25 道の駅を出発。今回は、日野TE100D改 泡消化剤原液輸送車(1973年式、森田ポンプ)が現役配備されている豊前消防署を訪問せず、天候悪化が懸念された復路を急ぐ。
椎田道路と国道10号線を通って、10:30 小倉東ICから九州自動車道に乗り、関門橋を渡って山口県に入ったころから雨足が強くなる。
11:45 中国自動車道 美東SAに到着、昼食。
12:25 美東SAを出発、山口JCTを経て、14:10 山陽自動車道 宮島SAに到着、休憩。
14:25 宮島SAを出発、15:55 福山西ICに到着。
16:25 計画どおりの時間に日野BA14とニッサンU690無事帰館。
本日の走行距離383辧9眤道路上の走行時間4時間30分、平均時速66/h。
16日からの総走行距離1,113(日野)。


このたびの いすゞBX141の嫁入りの模様は、豊後高田市役所・同市観光協会・同市観光まちづくり蠅離曄璽爛據璽犬覆匹任眈匆陲気譴討い泙后どうぞご覧ください。

〈豊後高田市役所ホームページ 今日の出来事〉
ボンネットバス宣伝隊 出発!!
祝☆ボンネットバス復活!昭和の町で披露宴
スローな夜を… 昭和の町キャンドルナイト
真夏の祭典「長崎鼻サマーフェスティバル」大盛況!

〈豊後高田市観光協会ホームページ ホッとニュース〉

〈豊後高田昭和の町・町づくり会社スタッフブログ〉


また、広島・山口・大分・福岡県内で報道された新聞記事などをWEB上でもご覧いただけます。

7月17日付け中国新聞 懐かしボンネットバス大分へ
7月17日付け朝日新聞 「昭和の町」にボンネットバス再び 大分・豊後高田
7月17日付け毎日新聞 レトロバス:大分・豊後高田市の“昭和のバス”山口入り 観光PRに訪問 /山口
7月18日 OBS大分放送 昭和の町にボンネットバス復活
7月19日付け大分合同新聞 「昭和の町」に名物またひとつ
7月19日付け毎日新聞 ボンネットバス:「昭和の町」によく似合う−−豊後高田 /大分
7月22日付け西日本新聞 ボンネットバスPR 大分県豊後高田市の宣伝隊来福 (動画あり)


今後の運行スケジュールにつきましては、豊後高田市役所ホームページおよび同市観光協会ホームページに掲載されておりますので、ご参照ください。

豊後高田市役所ホームページ 新着情報・お知らせ「昭和のボンネットバス運行スケジュール!」
豊後高田市観光協会ホームページ トピックス「ボンネットバス運行スケジュール」


豊後高田市観光協会では、このボンネットバス・いすゞBX141の愛称を8月31日まで募集されています。みなさま、どうぞご応募ください。

豊後高田市観光協会ホームページ トピックス「ボンネットバス愛称募集!」


お礼

当館のボンネットバスに活躍の機会を与えてくださいました豊後高田市のみなさま、結納式と披露宴にご出席いただきましたみなさま、各訪問先でお世話になりましたみなさま、体験試乗会でボンネットバスにご乗車くださいましたみなさま、大阪府のS様・奈良県のK様をはじめ遠路はるばる全国各地からご参集くださいましたボンネットバスファンのみなさま、志和ICから宮島SAまで併走してくださいました みーにゃおのパパ様、同行してくださいました あきじ様・シンコー様、そしてこのたびも格別なるご協力をいただきました琺瑯看板補完委員会様に、深謝いたします。ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。
16:40 | trackbacks(0)

ボンネットバス・いすゞBX141 いよいよ明日、豊後高田市へ向けて出発

ボンネットバス4台並び(右から順に、ニッサンU690・日野BA14・いすゞBX141・トヨタDB100)

羽後交通でともに活躍した2台 日野BH15(1961年式,帝国自動車工業)との惜別

ボンネットバス・いすゞBX141(1957年式,北村製作所)が、いよいよ明日、大分県豊後高田市へ向けて出発します。
明日16日(木)は、正午すぎに山陽自動車道の宮島SAで、夕方には山口市の山口県立山口図書館でPR予定です。
明後日17日(金)は、午前中、北九州市の門司港レトロで、午後は3時頃まで天神界隈など福岡市中心部でPR予定です。
18日(土)は、午前10時半頃まで大分市内の某テレビ局でPRおよび番組生出演し、正午すぎに豊後高田市入り予定です。


18:00 | trackbacks(1)

大分県豊後高田市へのボンネットバス譲渡〈嫁入り〉について

いすゞBX141(1957年式,北村製作所)
このたび、昭和30年代をテーマとする「豊後高田 昭和の町」を中心に地域活性化観光振興策を展開されている大分県豊後高田市へ、当館再生のボンネットバス・いすゞBX141を譲渡し、同市内や国東半島地域の観光周遊等に活用いただくこととなりました。
16日(木)午前8時30分より当館駐車場で出発式〈結納式〉を行い、日野BA14(1958年式,東浦自動車工業)とニッサンU690(1963年式,渡辺自動車工業)が随行し、山口市・北九州市・福岡市・大分市等でPRを行いながら自走で同市へ赴き、18日(土)正午すぎに「豊後高田 昭和の町」へ到着予定です。
到着後、お披露目パレードに続き、13時から大分銀行跡地の駐車場を会場に披露式典が催され、13時40分から15時まで昭和の町周遊の体験試乗会が行われます。
また、19日(日)にも、長崎鼻サマーフェスティバル会場・香々地庁舎間(いすゞBX141)、昭和の町駐車場・長崎鼻サマーフェスティバル会場間(日野BA14)、昭和の町(ニッサンU690)を周遊する体験試乗会が行われます。
詳しくは、豊後高田市・豊後高田市観光協会・豊後高田市観光まちづくり蠅裡廝釘促據璽犬鬚翰ください。
http://www.city.bungotakada.oita.jp/osirase/ibent/bonnnet.jsp
http://bungotakada.we-love-oita.or.jp/topics/?mode=detail&id=43
http://www.showanomachi.com/pickup/124660605117539.html
http://www.showanomachi.com/pickup/124713052853312.html

修復前(2007年3月29日撮影)
修復前(2007年3月29日撮影)
修復前(2007年3月24日撮影)
修復前(2007年3月29日撮影)


このボンネットバス・いすゞBX141の概要は次のとおりです。
車名・型式:いすゞBX141【*注】
年式:1957年(昭和32年)
車台製造者:いすゞ自動車
車体製造者:北村製作所蝓平軍禹圈
当初使用者:羽後交通蝓塀田県横手市)
抹消登録年:1969年(昭和44年)
廃車体遺存場所:秋田県大仙市内
廃車体収蔵年月:2007年3月
修復開始年月:2008年5月
修復完了年月:2009年7月
乗車定員:49人(座席数:27席)
長さ:8.31m  幅:2.43m  高さ:2.96m
車両重量:5000kg
原動機の型式:DA120(元DA110)
総排気量:6.12L(元5.65L)
参考事項:
いすゞ製ボンネットバスの保存車両としては、静態車両を含み3番目に古く、動態車両としては最古です。
[2番目に古い動態車両は、2003年に当館が再生し、同年より鞆鉄道で活用いただいている いすゞBX341(1958年式,新日国工業)です。]

【*注】 自動車検査証上の型式は、BX140改です。
車検証上には車台型式がその自動車の型式として記されることから、車台型式:BX140によって製造された車両BX141の車検証上の型式はBX140と記されます。
改は改造を意味し、元々搭載されていた原動機(エンジン)DA110が修理不能であったため、DA120を載せ替えています。

付記
このボンネットバス・いすゞBX141の再生にあたり、1957年2月発行の『いすゞディーゼル車取扱説明書』を収蔵いたしました。
同年式のトラックTX141・TX151、バスBX131・BX141・BX151・BX152・BX351・BX352の写真・三面図・諸元・取扱方法等が示されています。
閲覧を希望される方は、ご来館時にお申し出ください。
いすゞディーゼル車取扱説明書1957年版
18:00 | trackbacks(0)

福山ばら祭のパレードへのボンネットバス出場と 福山船町宝船会商店街のイベントへのスバル360DX出張について

5月17日(日)に開催されます福山ばら祭ローズパレードに、「大黒町と福山自動車時計博物館」が出場いたします。
出場するボンネットバスは、ひろしまフラワーフェスティバルの花の総合パレードに引き続き、ニッサンU690(1963年式,渡辺自動車工業)です。
出場予定時刻は、13時9分からです。
 ひろしまフラワーフェスティバルの花の総合パレードに出場したときのボンネットバス・ニッサンU690

また、5月16日(土)・17日(日)の両日、福山ばら祭に協賛して福山船町宝船会商店街(JOYふなまち,→地図)で開催されるイベント「懐かしのふなまち」に、昨年のダイハツ・ミゼットMP4に引き続き、今年は、スバル360DX(K111,1968年式)が出張し、同商店街の中ほどに展示されます。
福山ばら祭にお出かけのみなさま、どうぞあわせてご覧ください。
スバル360DX(K111,1968年式)
懐かしのふなまち チラシ 表懐かしのふなまち チラシ 裏
16:30 | trackbacks(0)