high land church
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

科学技術週間とボンネットバス試乗会のお知らせ

4月13日(月)から19日(日)までは、第50回科学技術週間です。
「科学技術週間」とは、科学技術に関する普及啓発活動の一環として、昭和35年2月26日閣議了解に基づき、文部科学省が推進し、毎年全国的な規模で実施されています。
「発明の日」である4月18日を含む一週間がその期間と定められています。
今年度の標語は、「さいしょはどうして さいごはなるほど」です。
当館では、この趣旨に賛同・協力し、子どもたちに科学技術に親しんでもらうため、期間中、高校生以下の入館料を無料といたします。
4月18日(土)・19日(日)には、ボンネットバス試乗会を開催いたします。
みなさま、どうぞご来館ください。

ボンネットバス試乗会の概要は次のとおりです。
  来館者対象ですので、大人の方は入館料が必要です。
  ボンネットバスの試乗は無料です。
  2日とも、午前11時から午後4時までの間に随時発車します。
  福山城跡周辺約4劼鮗回し、所要時間は約20分です。
  使用車両は、日野BA14(1958年式,東浦自動車工業)を予定しています。
  博物館外観とボンネットバス・日野BA14

また、当館は、文部科学省製作の「一家に1枚」シリーズポスターの無料配布に毎年協力しています。
今年製作されたポスターは、「天体望遠鏡400年」です。
当館は、備後南部地域では唯一の配布協力館です。
ご希望の方は、ご来館時にどうぞお申し出ください。
文部科学省の科学技術週間ホームページから、PDFファイルでA3版をダウンロードしていただくことも可能となっています。
5月からは、(財)科学技術広報財団で有料頒布される予定ともなっています。
14:00 | trackbacks(0)

『バスグラフィック』Vol.2にグラビア「平成ボンネットバス物語」掲載

バスグラフィックVol.2 表紙
3月31日にネコ・パブリッシングから発行された『バスグラフィック』Vol.2に、「平成ボンネットバス物語」と題されたグラビアが掲載されています。
当館関係では、日野BA14と魚沼交通のいすゞBX341の写真が掲載されています。
日野BA14の写真は、2006年7月に上京し、当館ゆかりのいすゞTSD43が展示されている江戸東京たてもの園を訪問した際に、同園北側の木立の隘路で撮影されたものです。
魚沼交通のいすゞBX341の写真は、2007年2月に新潟県南魚沼市の雪まつりのシャトル便に供された際に撮影された夜間車内写真です。
ご担当されましたT様、ありがとうございました。
この「平成ボンネットバス物語」は、連載予定だそうです。
どうぞご購読ください。

なお、同誌では、1950〜70年代当時に撮影されたボンネットバスなどの写真も募集されています。
同誌「バス実車写真募集」のページ(Vol.2では90ページ)に記載の応募要項・方法をご参照になり、ご応募されてはいかがでしょうか。
13:00 | trackbacks(0)

ダイハツ・ミゼットMP4の展示復帰について

鳥取商工会議所主催の「昭和レトロ展」へ出張していたダイハツ・ミゼットMP4(1963年式)が、本日帰館し、館内展示に復帰いたしました。
ミゼットMP4の留守中にご来館くださいましたみなさまには、ご迷惑をおかけいたしました。
本展でご覧くださいました2150名のみなさま、ありがとうございました。

【前掲記事】 ダイハツ・ミゼットMP4が鳥取市へ出張します
        ダイハツ・ミゼットMP4の鳥取出張と……
        ダイハツ・ミゼットMP4 日本海新聞ホームページの動画に登場
        ダイハツ・ミゼットMP4 山陰放送(BSS)の動画に登場
18:00 | trackbacks(0)

鳥取県岩美町のボンネットバス・いすゞBXD30の今春の運行について

鳥取県岩美町のボンネットバス・いすゞBXD30(富士重工業・1965年製) 2006年8月11日、城原海岸駐車場において
2006年に当館が再生し、同年より鳥取県岩美町(管理:日本交通)で活用いただいておりますボンネットバス・いすゞBXD30(富士重工業・1965年製)は、今春、兵庫・鳥取県境をまたいで運行されます。
4月1日から6月30日まで兵庫県で実施される大型観光キャンペーン「あいたい兵庫デスティネーションキャンペーン」にあわせて、「山陰海岸ジオパークと岬めぐり高原バス」と題し、4月4日(土)〜6月28日(日)までの毎週土・日・祝日、約4時間半かけて兵庫県新温泉町と岩美町の主な観光地を周遊するコースで運行されます。
一部区間のみの乗車も可能となっています。
みなさま、どうぞこの機会に訪れられ、ボンネットバスの懐かしさと山陰海岸ジオパークなどの美しさを堪能されてはいかがでしょうか。
詳しくは、新温泉町のご案内ページをご参照ください。
新温泉町イベントガイドより抜粋
【参考】 日本海新聞掲載記事
2008年10月22日付け掲載記事 http://www.nnn.co.jp/news/081022/20081022010.html
2009年3月24日付け掲載記事 http://www.nnn.co.jp/news/090324/20090324033.html
2009年3月28日付け掲載記事 http://www.nnn.co.jp/news/090328/20090328050.html
18:00 | trackbacks(0)

『海を抱いたビー玉』 小学館「よくよむコム奥の院」で読者モニター募集中

小学館文庫『海を抱いたビー玉』のカバー+帯です
日本初のバズマーケティングモール「モニタープラザ」(アライドアーキテクツ提供)に小学館が出店されている「よくよむコム奥の院」において、小学館文庫『海を抱いたビー玉』の読者モニターを募集されています。
みなさま、どうぞご協力ください。
森沢明夫氏の新著にして、青森県の書店で軒並ランキング1位を獲得しつつある『津軽百年食堂』とあわせて、どうぞ!!
森沢明夫著『海を抱いたビー玉』読者モニター大募集@小学館よくよむコム
森沢明夫著『津軽百年食堂』読者モニター大募集@小学館よくよむコム

おまけ
昨秋には、ボンネットバス・いすゞBXD30(前期型)が表紙に描かれた同社発行の画文集『どうしても描きたかった 60年前のえにっき』が紹介されています。
http://yokyom.com/diary60/
http://mp.edita.jp/yokyomcom/1115diary60/
16:20 | trackbacks(0)