high land church
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ボンネットバス・ニッサンU690が「第16回ゲタリンピック」で活躍します

ボンネットバス・ニッサンU690
福山市松永地区の毎年秋の恒例行事となっている「ゲタリンピック」が、今秋も9月20日(日)に開催されます。
今年の「第16回ゲタリンピック2009」は、「集(つどう) 」のテーマのもと、「ここがホームグラウンド・まつなが」をキーワードに、人と人とのふれあいの大切さ、人の心の温かさが感じられる楽しいイベントとなるよう取り組まれています。
また、近年の環境問題に対する社会的関心の高まりを受けて、「ゲタリンピック」でも、「環境に優しい、資源を大切にする、クリーンな」イベントを目指され、ごみの資源化やリサイクルに取り組まれています。
当館では、この趣旨に賛同し、廃食用油(使用済みの天ぷら油など)を精製・リサイクルされた燃料であるバイオディーゼル燃料の可能性のPRのため、同燃料を軽油の代替燃料として走るボンネットバス・ニッサンU690(1963年式,渡辺自動車工業)を昨年に続き提供します。
みなさま、どうぞお出かけいただき、ご試乗ください。

開催日 2009年9月20日(日) 小雨決行
会  場 第1会場:福山市西部市民センター(福山市松永町三丁目1番29号)
            およびJR松永駅南口周辺
      第2会場(駐車場併設):福山市柳津町一丁目街区南端
                     (ゆめタウン松永より南へ約500m)
走行時間 10:00〜15:00
走行ルート 第2会場と第1会場の間を随時往復
乗降場所 第2会場・ゆめタウン松永付近・第1会場

「ゲタリンピック」の概要につきましては、ゲタリンピック実行委員会のホームページをご覧ください。 http://www.getalympic.com/

13:30 | trackbacks(0)

魚沼交通のボンネットバス・いすゞBX341 三起商行(ミキハウス)発行の のりもの絵本に掲載

『ポカポカフレンズのえほんずかん のりもの』表紙『ポカポカフレンズのえほんずかん のりもの』裏表紙
当館が再生し、新潟県南魚沼郡湯沢町の魚沼交通で活用いただいておりますボンネットバス・いすゞBX341(1959年式,金沢産業)のイラストが掲載された絵本『ポカポカフレンズのえほんずかん のりもの』が、9月5日に三起商行(ミキハウス)から発行されます。
れっしゃ・そらの のりもの・くるま・うみの のりものが全217種収録されており、魚沼交通の いすゞBX341は、“ぼんねっとばす”の名で「ひとを はこぶ くるま」のページに掲載されています。
幼児向けのかわいいイラストですが、鞆鉄道の いすゞBX341(1958年式,新日国工業)と見分けがつくほど細部まで描かれています。
ミキハウスのオンラインショップciao!や各ショップ、全国の書店などで販売されます。
ご家族・ご親族やお知り合いのお子様へのプレゼントなどとして、どうぞお求めください。
当館ミュージアムショップでも本日より取り扱いますので、どうぞご利用ください。

この絵本の概要は次のとおりです。
書名:ポカポカフレンズのえほんずかん のりもの
監修者:海老原美宜男・跡土技術写真事務所
イラスト:さつき ねむ・荒井佐和子
出版社:三起商行(ミキハウス)
発行日:2009年9月5日
ページ数:64ページ(ダブルブック仕様)
サイズ:16.5僉滷隠記
対象年齢:3歳ごろから
定価:1,575円(税込)
ISBN:978-4-89588-518-8

完売いたしました。
09:00 | trackbacks(0)

大分県豊後高田市のボンネットバス・いすゞBX141 10月〜12月の運行スケジュール決定と9月12日福岡市訪問のお知らせ

8月26日に営業用緑ナンバーに変わったいすゞBX141
先月、大分県豊後高田市へ嫁入りいたしましたボンネットバス・いすゞBX141(1957年式,北村製作所)の10月〜12月の運行スケジュールが決められました。
六郷満山の紅葉スポット、田染地域の国宝建造物や磨崖仏、都甲地域の石造仁王像、真玉地域や香々地地域の寺院や温泉を巡る周遊コース(要予約)が、毎週土日・祝日などに設定されています。
また、各周遊コース運行日の朝夕などには、昭和の町周遊コース(予約不要)での運行も行われます。
みなさま、どうぞお出かけください。
詳しくは、豊後高田市役所ホームページおよび同市観光協会ホームページ掲載情報をご覧ください。
豊後高田市役所ホームページ 新着情報・お知らせ「秋の行楽は昭和のボンネットバスで♪
豊後高田市観光協会ホームページ トピックス「秋の豊後路をボンネットバスで♪


来週9月12日(土)には、翌13日(日)にかけて福岡市役所西側ふれあい広場(同市天神一丁目)を会場に開催される大分県の観光PRフェア「おおいた竹ものがたり in 福岡」に際し、いすゞBX141が同市を2か月ぶりに訪れ、会場展示および同市中心部の走行でPRされます。
会場展示時間(走行PR時間を除く)は、9月12日(土)の10時30分から15時までです。
走行PR時間は、10時・12時・15時からの各30分間です。(乗車はできません。)
走行コースは、次のとおり予定されています。
会場発⇒渡辺通四丁目交差点⇒渡辺通り⇒渡辺通一丁目交差点⇒住吉通り⇒博多駅前三丁目交差点⇒博多駅(交通センター前)交差点⇒大博通り⇒呉服町交差点⇒明治通り⇒市役所入口交差点⇒会場着
みなさま、どうぞこちらもお訪ねください。
「おおいた竹ものがたり in 福岡」の概要につきましては、大分県(福岡事務所)ホームページおよび(社)ツーリズムおおいたホームページ掲載情報をご覧ください。
大分県(福岡事務所)ホームページ 新着情報「おおいた竹ものがたりin福岡
(社)ツーリズムおおいたホームページ おおいたんピックアップ「9/12〜13は、「おおいた竹ものがたり in 福岡」へ!!

16:30 | trackbacks(0)

『バスラマ』115にボンネットバス・いすゞBX141嫁入りレポート掲載

バスラマインターナショナル115 表紙
8月25日にぽると出版から発行される『バスラマ インターナショナル』115に、先月の大分県豊後高田市へのボンネットバス・いすゞBX141嫁入りに同行いただきましたF様によるレポート「“昭和の町”にボンネットバスがやってきた!」が掲載されています。
写真は、F様撮影の嫁入り道中各所での様子がうかがわれる写真、K様撮影の形式写真、当館提供写真、あわせて8点が掲載されています。
みなさま、どうぞご購読ください。
当館ミュージアムショップでも取り扱っております。どうぞご利用ください。

【『バスラマ』関連 前掲記事】
ボンネットバスファンも必読 『年鑑バスラマ2008→2009』(2008.12.16)
『バスラマ』112にボンネットバス掲載(2009.2.24)

付記 8月20日付けの大分合同新聞朝刊に、このボンネットバス・いすゞBX141が豊後高田市内の観光名所を巡る周遊運行が始まった旨の紹介記事が掲載されました。その記事はWEB上にも掲載されています。どうぞご覧ください。
 8月20日付け大分合同新聞 観光スポットを周遊運行 ボンネットバス

また、8月23日付け読売新聞大阪本社版朝刊の経済面(9面)でも写真入りで紹介されています。どうぞ本紙をご覧ください。
14:20 | trackbacks(0)

中国新聞にお盆のボンネットバス試乗会紹介記事掲載

昨日から16日(日)まで開催中のお盆のボンネットバス試乗会の紹介記事が、8月14日付け中国新聞備後本社版朝刊福山地域面に掲載されました。
備後地域にお住まいのみなさまは、どうぞ本紙をご覧ください。

中国新聞ホームページの地域ニュースでも紹介いただいております。
遠方にお住まいの方は、どうぞこちらをご覧ください。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200908140011.html

前掲記事「お盆のボンネットバス試乗会について」に記載の開催概要をご確認いただき、この機会にどうぞご来館ください。
09:00 | trackbacks(0)