high land church
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

豊後高田 昭和の町 特注トミカ 「ダイハツ ミゼット」

「昭和の町レトロカー大集合」でも乗車体験に活躍したミゼット。後ろに続くのはマツダ キャロルとダイハツ コンソルテのレンタカー。
写真提供:豊後高田市観光協会

「昭和の町レトロカー大集合」(12月7日開催)へのボンネットバス出展でお世話になった大分県の「豊後高田 昭和の町」。
この町の象徴ともなっているダイハツ ミゼットのトミカが、このたび特注され、当日会場で先行販売されました。
当館ミュージアムショップでも、関係者のご了解をいただき、本日より販売開始いたしました。価格は1,575円(税込)です。
箱にはMP5(1963年式)の写真が印刷されています。
当館展示のMP4も型式違いながら同い年であり、親しみがもたれます。
ご来館の記念やクリスマスプレゼントに、どうぞお買い求めください。
MP5トミカ on MP4リアルMP5トミカ on MP4リアル
MP5トミカ on MP4リアルMP5トミカ on MP4リアル

2009年8月22日、100個完売いたしました。
当館ミュージアムショップでお買い求めいただきましたみなさま、ありがとうございました。
18:00 | trackbacks(0)

ボンネットバスファンも必読 『年鑑バスラマ2008→2009』

国内のバス車両やバス事業の動向などを紹介されるバス年鑑『年鑑バスラマ2008→2009』が、12月20日にぽると出版から発売されます(定価2,100円)。
年鑑バスラマ2008→2009
「歴史編 ボンネットバスと日本のバス趣味界」では、バスラマ編集長・和田由貴夫氏によるボンネットバス現役当時の実体験、ボンネットバスが終焉をむかえた頃の様子、バス趣味の方々によって「日本バス研究会」と「日本バス友の会」が組織化された頃のことが、貴重な写真を交えて述べられており、ボンネットバスファンも必読の内容となっています。
どうぞご購読ください。

当館関係では、9月に参加いたしました熊本県山江村主催「全国のボンネットバス大集合」の写真が、巻頭の「2008年 国内バスハイライト」と前述の「歴史編」に、再生作業待ちのトヨタDB95の1979年4月時点の廃車体写真が「歴史編」に、それぞれ掲載されています。
どうぞご覧ください。
トヨタDB95(1964年式,川崎航空機工業) 2007.4.21琺瑯看板補完委員会様撮影
写真提供:琺瑯看板補完委員会

17:30 | trackbacks(0)

九七式側車付自動二輪車 『月刊アーマーモデリング』'09年1月号に掲載

くろがね九七式側車付自動二輪車
当館展示の「くろがね九七式側車付自動二輪車」が、ミリタリーモデラーの専門誌『月刊アーマーモデリング Armour Modeling』2009年1月号(111)に掲載されました。
今号特別付録「ピットロード製 1/35 帝国陸海軍 九七式側車付自動二輪車 陸王」をディテールアップするための参考資料として、細部写真等が3頁にわたって掲載されています。
どうぞご購読ください。
『月刊アーマーモデリング』2009年1月号(111)表紙
発行:大日本絵画 編集:アートボックス 発売日:12月13日 特別定価:2800円

【参考】「くろがね九七式側車付自動二輪車」図書掲載履歴
『オールドタイマー Old-timer』66(2002年10月号)
17:30 | trackbacks(0)

韓国語版『海を抱いたビー玉』を寄贈しました

前掲の『海を抱いたビー玉〜甦ったボンネットバスと少年たちの物語〜』韓国語版を次の図書館および機関等に寄贈いたしました。

広島県立図書館、福山市中央図書館、
広島県総務局秘書広報部国際課、(財)ひろしま国際センター、
広島県立広島国際協力センター 情報センター・図書室、
広島国際会議場 国際交流ラウンジ・図書コーナー、
広島市留学生会館、広島市国際青年会館、広島国際交流会館、
広島県日韓親善協会、
駐広島大韓民国総領事館、在日本韓国民団広島県地方本部、
信用組合広島商銀 本店・福山支店、
大韓民国 浦項(ポハン)市役所、浦項市立図書館
* 浦項市は福山市の友好都市です。韓国最大の製鉄所があり、市の花が「ばら」という共通点があります。

閲覧ご希望の方は、各図書館・図書室・図書コーナーをどうぞご利用ください。

18:00 | trackbacks(0)

韓国語版『海を抱いたビー玉〜甦ったボンネットバスと少年たちの物語〜』

当館が再生し、新潟県南魚沼郡湯沢町の魚沼交通で活用いただいておりますボンネットバス「いすゞBX341」にかかわる実話が題材となった森沢明夫氏の小説『海を抱いたビー玉〜甦ったボンネットバスと少年たちの物語〜』の韓国語版が、11月28日に韓国のHuman & Books社から発行されました。
韓国にお知り合いの方がいらっしゃいましたら、ご購読いただきますよう、お伝えいただければ幸いです。
『海を抱いたビー玉』韓国語版のカバー+帯です
判型:四六判・上製、頁数:284頁、ISBN:978-89-8117-115-5、
2008年11月28日発行、定価:12,000ウォン
【巻末には、原版(日本語版)と同じく当館提供写真も掲載されています。】
『海を抱いたビー玉』韓国語版のカバーです
日本国内の一般書店等では取り扱われませんので、関係者の了解を得て当館ミュージアムショップで特別に895円(税込)で販売いたします。 ⇒ 2014年4月〜 920円(税込)
ご必要な方は、どうぞこちらからご用命ください。
送料は次のとおりです。
ゆうメール(旧冊子小包) 1冊290円、2冊340円、3〜4冊450円、5〜6冊590円
  ⇒ 2014年4月〜 1冊300円、2冊350円、3〜4冊460円、5〜6冊610円
レターパックプラス(旧エクスパック500) 1〜5冊500円 ⇒ 2014年4月〜 510円
代金と送料の合計額を当館指定の銀行口座へ前払いでお振込みいただきますようお願いいたします。
16:25 | trackbacks(0)