high land church
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『年鑑バスラマ2012→2013』に井笠鉄道(井笠バス)の写真掲載

『年鑑バスラマ2012→2013』表紙【クリックで ぽると出版の『年鑑バスラマ』のページへリンク】
国内外のバス車両やバス事業の今年の動向などを紹介されるバス年鑑『年鑑バスラマ2012→2013』が、12月20日にぽると出版から発行されます。

「102年目の晩秋に消えた井笠鉄道バス」との見出しで、岡山県のT様撮影による1970年代から90年代前半に同社へ導入された往年の車両写真と、当館関係者が事業廃止発表後の10月20日に撮影した運行風景写真などで構成の記事が掲載されています。[井笠鉄道の記事は『バスラマ』No.135(25日発行)にも掲載予定]
井笠鉄道 茂平車庫〜国道〜福山線 10月20日(土)茂平車庫前13時20分発・福山駅前13時50分着便 日野PDG-KR234J2レインボー(2010年式,ジェイ・バス,社番H1001,倉敷200か144)運行風景 13時28分、大門駅口停留所付近(大門町一丁目)の歩道橋上より撮影【クリックで大きく表示】

また、『年鑑バスラマ』恒例の歴史編では、「東京のボンネットバス終焉の頃に」との見出しで、1949年生まれの男性が、1960年代中頃に撮影された東京都交通局(都営バス)のボンネットバスなどの写真が多数掲載されています。

みなさま、どうぞご購読ください。

【『バスラマ』関連前掲記事】
『バスラマ』No.132に当館と鞆鉄道のボンネットバス紹介記事掲載(6.25)
『バスラマアーカイブス02 熊本・九州の輝いていたバス達』(8.2)
『バスラマスペシャル11 UDマークのバス達』(9.28)
続きを読む
17:00 | trackbacks(0)

『高速有鉛デラックス』Vol.30に元中鉄バスのボンネットバス廃車体引き取り作業レポート掲載

高速有鉛デラックス Vol.30 表紙【クリックで内外出版社通販サイトの商品ページへリンク】
『高速有鉛デラックス』Vol.30が10月26日に発売されました(編集 FEN,発行 内外出版社)。
当館が9月に岡山県備前市伊部で実施した元中鉄バスのボンネットバス・ニッサンU690(1964年式,富士重工業)廃車体引き取り作業のレポートが掲載されています(コントリビューター:糸目今日子様)。みなさま、どうぞご購読ください。
元中鉄バスのニッサンU690(1964年式,富士重工業)廃車体引き取り作業風景 9月11日(2日目)撮影

【関連前掲記事】
『高速有鉛デラックス』Vol.29に三菱ふそうMR620紹介記事掲載(8.28)
元中鉄バスのボンネットバス・ニッサンU690廃車体について まとめ(10.5)
11:00 | trackbacks(0)

新刊紹介 ぽると出版発行『バスラマスペシャル11 UDマークのバス達』

『バスラマスペシャル11 UDマークのバス達』表紙【クリックで ぽると出版の同書紹介・注文ページへリンク】
本日、ぽると出版から、UDトラックス(2010年2月に日産ディーゼル工業から社名変更、同年度末をもって国内でのバス販売を終了)の1947年以来63年間のバス事業を総括された『バスラマスペシャル11 UDマークのバス達』が発行されました。
「保存されたUDマークのバス」のページに、当館のボンネットバス・ニッサンU690(1963年式,渡辺自動車工業)[F様撮影写真]が掲載されています。
みなさま、どうぞご購読ください。
続きを読む
17:40 | trackbacks(0)

『高速有鉛デラックス』Vol.29に三菱ふそうMR620紹介記事掲載

高速有鉛デラックス Vol.29 表紙【クリックで内外出版社通販サイトの商品ページへリンク】
『高速有鉛デラックス』Vol.29が8月25日に発売されました(編集 FEN,発行 内外出版社)。
6月に当館から三菱ふそうトラック・バス(株)へ譲渡いたしました三菱ふそうMR620(1968年式,呉羽自動車工業)の紹介記事が掲載されています(コントリビューター:糸目今日子様)。みなさま、どうぞご購読ください。
1968年式車2台並び 三菱ふそうMR620とスバル360DX

【『高速有鉛デラックス』関連前掲記事】
『高速有鉛デラックス』Vol.28に当館紹介記事掲載(6.26)

三菱ふそうMR620関連前掲記事はコチラ
14:40 | trackbacks(0)

『Old-timer』No.125に広島県内の廃車体取材記事掲載

Old-timer No.125 表紙【クリックでOld-timerのホームページへリンク】
『Old-timer』No.125も昨日26日に発売されました(八重洲出版 発行)。
前号に引き続き、連載記事「廃車体街道を行く」に、当館関係者と協力者が案内役を務めた広島県内の廃車体取材記事が掲載されています。
みなさま、どうぞご購読ください。

この廃車体(廃バス)は何でしょう?
この廃車体(廃バス)は何でしょう?
ヒントは“23d”です。 答えは、同誌71ページをご覧ください。

【『Old-timer』関連前掲記事】
『Old-timer』No.124に備後地域南部の廃車体取材記事掲載(2012.5.1)

15:30 | trackbacks(0)