high land church
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CURIOUS ZINE『廃バス見聞録 2』・『廃バス見聞録 3』

CURIOUS ZINE『廃バス見聞録 2』・『廃バス見聞録 3』

四輪駆動車専門誌『CURIOUS(キュリアス)』を手がけられる同誌編集室が編集され、明日開幕の「静岡ホビーショー」にて発売されるCURIOUS ZINE-004『廃バス見聞録 2』CURIOUS ZINE-005『廃バス見聞録 3』を、当館ミュージアムショップ販売用に納品いただきました。
当館ショップでも明日10日(木)より販売開始いたします。ご来館時にどうぞお求めください。

編集・発売:キュリアス編集室 発行:(株)カマド
判型:中綴じA4判 ページ数:オールカラー各30ページ 価格 各756円(税込)

※本誌は一般書店やAmazonではお買い求めになれません。
同編集室で後日通販開始予定とのことですので、当館では送付販売いたしません。
当館での販売にあたりましては、内容見本を置かず、ポリ袋入りの状態で販売いたします。
どの物件が掲載されているかは、今回もお求めになられた方だけのお楽しみということで‥♪

【関連前掲記事】 CURIOUS ZINE-003『廃バス見聞録 1』(2017.11.24) ※当館では完売済
11:15 | trackbacks(0)

井笠鉄道など運行の井原〜山野線・福山〜山野線 概史


昭和52〜53年に作成の井笠鉄道ワンマンバス運行系統図(部分抜粋)
昭和52〜53年に作成の「井笠鉄道ワンマンバス運行系統図」(部分抜粋)
井原〜山野線福山〜山野線に関する経路に着色・加筆

以下、井原〜山野線に関する事跡は青色の文字で、福山〜山野線に関する事跡は赤色の文字で記載しております。
続きを読む
18:00 | trackbacks(0)

日野BA14 & 鞆鉄道の いすゞBX341 還暦祝い♪

当館常連のボンネットバスファン・大阪府のS様が、日野BA14と鞆鉄道の いすゞBX341の還暦祝い撮影用ヘッドマークを昨日つくってきてくださいました。

日野BA14 & 鞆鉄道の いすゞBX341 還暦祝い

両車分ご寄贈いただきましたので、それぞれの車内に掲示してあります♪

17:00 | trackbacks(0)

新館 能宗敏雄記念館の開館にあたり

 なぜ今、能宗敏雄記念館を開館させるのか?開館できたのか?
 私が大学3年生の昭和39年、米国カンザス州の片田舎ローレンスにあるカンザス大学へ、父 能宗敏雄(のうそうとしお 平成17年2月14日 90歳にて他界)と母 能宗道子(現在97歳)が、私費留学生として留学させてくれました。
 留学中にワシントンのスミソニアン博物館で日本の浮世絵を観覧し、また同館で枕時計や尺時計など日本では通常見ないもしくは見られない和時計を見て、それまで日本の博物館・美術館で見られるものは高額な丸山応挙だとか高名な画家のものだと決め込んでいたため、日本人の価値観との違いにカルチャーショックを感じました。
続きを読む
11:45 | trackbacks(0)

“古い”新館 能宗敏雄記念館の開館について

新館オープンチラシ[表]より抜粋

このたび当館では、笠岡市富岡にありました明治元年(1868)築の古民家(商家)を譲り受け、本館東隣に移築し、当館初代館長 能宗敏雄(のうそうとしお、2005年逝去)の名を冠した展示館として再生、4月28日(土)より開館いたします。
新館では、自動車や時計関係以外の多種多様な収蔵品を主に展示することとしております。
ご来館時に本館とあわせてどうぞご覧ください。入館料はこれまでと変わりありません。
4月28日(土)・29日(日)の両日は入館無料とし、ボンネットバス試乗会などの催事を行います。
なお、新館開館後も館内や周辺の環境整備で、追加工事を行う場合があります。悪しからず、ご了承ください。

新館オープンチラシ[裏]より抜粋
13:00 | trackbacks(0)