high land church
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボンネットバス・日野BA14が撮影に使用されたテレビ番組の放送について

昨年9月21日、兵庫県某市で雷雨のなか行われた車内撮影風景です
ボンネットバス・日野BA14の車内が撮影に使用されたNHKのテレビ番組、「その時歴史が動いた 第342回 I Have a Dream 〜キング牧師のアメリカ市民革命〜」(昨年11月12日放送)が、次の日時にアンコール放送されます。

2月11日(水・祝) 22:00〜22:43 NHK総合

再現ドラマでの登場です。
映像反転により、右ハンドル車の日野BA14が左ハンドル車になっています。
本放送をご覧いただきました方も、見逃された方も、どうぞご覧ください。

NHK「その時歴史が動いた」公式サイト
http://www.nhk.or.jp/sonotoki/main.html
14:20 | trackbacks(0)

ダイハツ・ミゼットMP4 日本海新聞ホームページの動画に登場

昨日2月5日(木)、鳥取産業会館・鳥取商工会議所ビルで始まった「昭和レトロ展」の模様が、日本海新聞ホームページ動画で紹介されています。
当館のダイハツ・ミゼットMP4も登場しています。どうぞご覧ください。
本展も見にいってくださいね。

【前掲記事】 ダイハツ・ミゼットMP4が鳥取市へ出張します
        ダイハツ・ミゼットMP4の鳥取出張と……

今日2月6日(金)は、小学館文庫『海を抱いたビー玉』の発売日です!!
11:55 | trackbacks(0)

ダイハツ・ミゼットMP4の鳥取出張とメルセデス・ベンツ170S-Dの展示復帰について

雨の中、キャリアカーに乗って鳥取市に向かうダイハツ・ミゼットMP4
鳥取商工会議所主催の「昭和レトロ展」で展示されるため、ダイハツ・ミゼットMP4(1963年式)が、昨日、鳥取市へ出張いたしました。
 【前掲記事】ダイハツ・ミゼットMP4が鳥取市へ出張します
鳥取商工会議所主催「昭和レトロ展」は、いよいよ明日2月5日(木)から3月31日(火)まで、鳥取産業会館・鳥取商工会議所ビル 1階 展示スペースを会場に開催されます。みなさま、どうぞお出かけいただきご覧ください。

1月15日から、今秋公開予定映画への出演に向けて整備を受けておりましたメルセデス・ベンツ170S-D(1954年式)が、本日、館内展示に復帰いたしました。
 【前掲記事】メルセデス・ベンツ170S-Dはしばし留守にします
170S-Dの留守中にご来館くださいましたみなさまには、ご迷惑をおかけいたしました。
17:30 | trackbacks(0)

小学館文庫『海を抱いたビー玉』販売開始

福来る!
節分の本日、当館に前掲の文庫版『海を抱いたビー玉〜甦ったボンネットバスと少年たちの物語〜』が納品されました。
四六判の山海堂版より判型が小さい分、この小説に宿る《魂》がさらに増加凝縮している感じがします。
巻末には、著者・森沢明夫氏による「文庫版のためのあとがき」と、コピーライターで漢字セラピストの、ひすいこたろう氏による「解説」が収載されています。
小学館文庫『海を抱いたビー玉』、ぜひご購読ください。
小学館文庫『海を抱いたビー玉』のカバー+帯です
18:00 | trackbacks(0)

文庫版『海を抱いたビー玉〜甦ったボンネットバスと少年たちの物語〜』

当館が再生し、新潟県南魚沼郡湯沢町の魚沼交通で活用いただいておりますボンネットバス「いすゞBX341」にかかわる実話が題材となった森沢明夫氏の小説『海を抱いたビー玉〜甦ったボンネットバスと少年たちの物語〜』の文庫版が、2月6日に小学館から発売されます。
山海堂版をご購読いただきました方も、まだお読みになられていらっしゃらない方も、どうぞご購読ください。
『海を抱いたビー玉』小学館文庫版のカバーです
小学館文庫版の概要は次のとおりです。
文庫名:小学館文庫
ページ数:288ページ
発売日:2月6日(金)
定価:580円(税込)
ISBN:978-4-09-408355-2
《山海堂版と同じく当館提供写真も掲載されています。》

当館ミュージアムショップで、山海堂版・韓国語版とともに販売いたします。
お近くにお住まいの方は、どうぞご利用ください。

当館ミュージアムショップでの文庫版の取り扱いは終了いたしました。

【『海を抱いたビー玉〜甦ったボンネットバスと少年たちの物語〜』関連前掲記事】
『海を抱いたビー玉〜甦ったボンネットバスと少年たちの物語〜』好評販売中
韓国語版『海を抱いたビー玉〜甦ったボンネットバスと少年たちの物語〜』
韓国語版『海を抱いたビー玉』を寄贈しました
地域情報紙『ぷれすしーど』に韓国語版『海を抱いたビー玉』発行の件掲載
経済情報誌『CHUGOKU ビジネス情報』に韓国語版『海を抱いたビー玉』発行の件掲載
10:50 | trackbacks(0)