high land church
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 広島トヨペット社員由来の蔵出し写真 その6 昭和33年の中部日本自動車学校 | main | 『高速有鉛デラックス』Vol.74に いすゞフローリアンバン ディーゼル掲載 >>

広島トヨペット社員由来の蔵出し写真 その7 昭和33年の名古屋と挙母

広島トヨペット福山支店員だった方が昭和32〜34年頃に撮られた写真を掲載しております。
本件写真類の概要や撮影者のご経歴につきましては、前掲 その1 はじめにをご覧ください。
このたびの連載は、これにて終了といたします。

昭和33年8月 名古屋駅前 豊田ビルディング

昭和33年(1958)8月上旬 名古屋駅前 豊田ビルディング[東和不動産(株)が建設 30年11月竣工]
現在の中村区名駅四丁目7番「ミッドランドスクエア」の南半部、商業棟所在地に相当
名鉄百貨店本店本館ビル屋上から東向きに俯瞰(同ビルは32年に地上3階建から10階建へ増築)


名鉄百貨店本店本館ビル屋上から東向きに名古屋テレビ塔方面俯瞰の景
昭和33年8月 名鉄百貨店本店本館ビル屋上から東向きに名古屋テレビ塔方面俯瞰の景
現在の中村区名駅〜中区錦周辺を東向きに俯瞰、手前右下は豊田ビルディングの北東部
トヨタの社章が掲げられる建物はトヨタ自動車販売(株)本社[当時の所在地 中村区泥江町2-2]
のちの第二豊田ビル東館(48年竣工)所在地、現在のシンフォニー豊田ビル所在地東半部に相当
右側の広幅道路は、市営地下鉄1号線(東山線)の建設後、まだ路面整備工事中と見える錦通





トヨタ自動車工業株式会社 挙母工場 (35年8月に本社工場と改称)
昭和33年8月 トヨタ自動車工業(株)本社事務所前に立たれた小林啓一氏
[再掲] 現在の国道248号「トヨタ町」交差点北西側にあった本社事務所(木造2階建)
当時の本社所在地は挙母市大字下市場字前山8番地(34年1月から豊田市トヨタ町)
工場とともに昭和13年(1938)10月末竣工、35年8月の新本館(現在の旧本館)竣工まで使用




昭和33年8月 トヨタ自動車工業(株)挙母工場 トヨペット クラウン デラックスRSD型 組立完成後のシャワーテスト風景
トヨペット クラウン デラックスRSD型 組立完成後のシャワーテスト風景
本社事務所西側にあったテストコース跡の北東部、総組立工場・調整工場の南面沿いに設置


昭和33年8月 トヨタ自動車工業(株)挙母工場 構内道路
「トヨタ町」交差点よりやや西側の位置から東向きに撮られた構内道路
左側の建物は修正工場(塗装タッチアップ)で、その先が本社事務所正面出入口
奥の建物はテクニカルセンター(技術本館)、右側の建物は外来者待合所


昭和33年8月 トヨタ自動車工業(株)挙母工場東側のテクニカルセンター(技術本館)とモータープール
「トヨタ町」交差点北東側にあった29年10月末竣工のテクニカルセンター(技術本館)
モータープールには、トヨペット スタウト RK30系 高床荷台トラックが並ぶ


これらの写真は、広島トヨペット福山支店部品係長だった撮影者が 前掲「トヨタ・セールス・カレッジ 部品販売コース」受講のため中部日本自動車学校へ出張の前後に撮られたもの。

【参考資料】
『トヨタ自動車20年史』1958、『トヨタ自動車販売株式会社の歩み』1962、
『トヨタ自動車30年史』1967
12:00 | -