high land church
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 10月20日(日) ボンネットバス2台がイベントへお出かけします♪ | main | ボンネットバス・日野BH15が「玉野市電まつり」へお出かけします >>

昭和48年度〜平成元年度 内海町定期輸送車運行事業の概要

昭和53年6月『広報うつみ 第12号』p.1に掲載の内海町営バス

沼隈郡内海町(平成15年2月3日に福山市へ編入合併)で昭和48年度から平成元年度まで運行された101条バス(道路運送法の旧第101条にもとづく自家用登録車による有償運送)の概要を記録します。

運行開始:昭和49年(1974)2月{日にち不明}
運行廃止:平成元年(1989)10月5日{最終運行10月4日}
運行車両:マイクロバス1両{廃止までに3両導入、2度代替}
車庫(跡)の位置:横島桟橋近く、うつみ荘の道向かい
運行管理委託先:内海タクシー{聞き取りによる}
運行回数:1日6回(往復)
運行経路:
 開始時〜53年(1978)2月 入双−内浦
 53年2月〜59年(1984) 入双−内浦−箱崎
 59年〜61年(1986)3月 入双−内浦−沖−箱崎
 61年4月〜廃止時 入双−内浦−寺山−沖−箱崎
 内海町営バス昭和62年度時点の路線図『チクマ離島シリーズ 田島・横島』p.59より

内海町定期輸送車の運行及び管理条例
昭和48年11月 内海町議会 第81号議案 議決書に添付の加除修正入り案文による。
施行規則や条例改正の経過については、確認できる行政文書(引継文書)が見当たらず不明。
内海町定期輸送車の運行及び管理条例

昭和
48年(1973)11月13日 内海町議会で関係条例と予算可決[*1]
48年度 運行開始にあたり237万円で25人乗りマイクロバス新車導入[*2・3]
  内海町営バス運行車両初代『福山市・内海町・新市町合併の記録』p.7より
49年(1974)2月 内海町定期輸送車(町営バス)入双〜内浦間1日6往復の運行開始[*3・4]
 尾道方面へ往来する民営巡航船が内海町東部地区(田島の内浦・箱崎)への寄港廃止
 その代替交通として尾道航路の横島桟橋と町営渡船(幸崎〜沼隈町敷名)の幸崎桟橋とを結ぶ
53年(1978)2月20日 箱崎地区まで延長、入双〜箱崎間1日6往復運行[*3・5・6]
53年度 利用料(運賃)収入最多
内海町営バス昭和53年6月時点の時刻表『広報うつみ 第12号』p.1より
54年度(1979) 大浦・箱崎停留所に待合所新設[*7のp.141]
 4月より内浦診療所が開設され(週3回)、東部地区からの通院利用者減少[*7のp.137]
 8月10日 田島と横島を結ぶ新睦橋開通、開閉式だった旧睦橋より経路変更
55年第1四半期 車両代替、253万円で25人乗りマイクロバス新車導入[*7のp.137・141、*8]
  内海町営バス運行車両2代目『内海町勢要覧 1986』p.32より
55年度(1980) 5月に福祉センターが開設されたことにより利用者増[*9]輸送人員最多
56年度(1981) 第1・第3日曜は全便、第2・第4日曜と祝日は3往復運休に変更、利用者減[*10]
57年度(1982) 睦渡船(横島〜常石)が大浦桟橋寄港開始、大浦−横島桟橋間の利用者減[*11]
58年度(1983) 利用者全体に占める無料利用者(高齢者・障がい者)の比率増加が顕著に[*12]
59年(1984) 内浦−箱崎間を沖経由へ変更、町道古屋二本松線改良工事完成による[*13]
61年(1986)1月1日 回数券と定期券の販売方法を変更(変更前の販売方法は不明)[*14]
 回数券は内海町役場で販売、定期券は内海町役場か内海町役場内浦支所で販売
 4月 寺山地区まで延長[*15]
62年(1987)12月-63年1月 元旦のみ全便運休、年末年始その他の日は平常ダイヤで運行[*16]
62年度 天満停留所を移設[*17]
内海町営バス昭和63年5月時点の時刻表『バス・ジャパン No.10』p.17より
63年度(1988) 内浦停留所を移設[*18]
 車両代替、400万5千円で冷房付きマイクロバス新車導入[*19]
  内海町営バス運行車両3代目『広報うつみ 第113号』p.7より

平成
元年(1989)9月27日 内海町議会で関係条例を廃止する条例可決[*20・21のp.2]
 町営バス存続を求める動きもあった[*22]
  1989年10月2日付け中国新聞16面 福山圏版 内海大橋開通(上)より
 10月4日 内海大橋開通
 10月5日 内海町定期輸送車(町営バス)廃止[*21のp.7]
 同日 鞆鉄道(鞆鉄バス)が内海町へ乗り入れ、箱崎線など運行開始
  平成元年10月5日より鞆鉄バスが内海町へ乗り入れ『広報うつみ 第113号』p.7より
 12月19日 内海町議会で「平成元年度定期輸送車運行事業特別会計歳入歳出決算」認定[*23]

内海町定期輸送車運行事業 輸送実績と特別会計決算の状況
内海町定期輸送車運行事業 輸送実績と特別会計決算の状況


〔略記の説明〕
 決算書:内海町定期輸送車運行事業特別会計歳入歳出決算書
 説明書:内海町主要な施策の成果等説明書
 広報:広報うつみ
*1 昭和48年11月 内海町議会 第81号議案・第82号議案・第83号議案 議決書
  第81号「内海町定期輸送車の運行及び管理条例(昭和48年内海町条例第34号)」
  第82号「内海町定期輸送車運行事業特別会計条例(昭和48年内海町条例第35号)」
  第83号「昭和48年度内海町定期輸送車運行事業特別会計予算」
*2『昭和48年度 決算書』1974
*3『広報 第12号』p.1 1978
*4『昭和54年度 説明書』p.137 1980
*5『広報 第11号』p.2 1978
*6『昭和52年度 説明書』p.127 1978
*7『昭和54年度 説明書』1980
*8『バス・ジャパン No.10』p.17 バス・ジャパン刊行会/発行 1988
*9『昭和55年度 説明書』p.163 1981
*10『昭和56年度 説明書』p.163 1982
*11『昭和57年度 説明書』p.175 1983
*12『昭和58年度 説明書』p.167 1984
*13『広報 第47号』p.12 1984
*14『広報 第69号』p.8 1986
*15『昭和60年度 説明書』p.173 1986
*16『広報 第91号』p.8 1987
*17『広報 第92号』p.5 1988
*18『広報 第101号』p.2 1988
*19『昭和63年度 説明書』p.185 1989
*20 平成元年9月 内海町議会定例会(第5回) 第45号議案 議決書
  「内海町定期輸送車運行事業特別会計条例及び内海町定期輸送車の運行及び管理条例を廃止する条例」
*21『広報 第113号』1989
*22『1989年10月2日付け 中国新聞』16面 福山圏版 内海大橋開通(上)
*23 平成元年12月 内海町議会定例会(第8回) 第68号議案 議決書


本件参考資料取得に係る公文書開示申出回答書 福山市議会と福山市(市長部局)より
2019年10月2日付け福議議第23号 公文書開示申出回答書

2019年10月2日付け福情管第212号の2 公文書開示申出回答書


【おまけ】
鞆鉄道 平成元年(1989)10月5日 内海町内運行開始時点 内海町内運行系統時刻表
鞆鉄道 平成元年10月5日 内海町内運行開始時点 内海町内運行系統時刻表
18:00 | trackbacks(0)
 

Trackback URL

http://blognews.facm.net/trackback/1238260