high land church
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 6月10日は「時の記念日」です | main | 開館29周年記念ボンネットバス試乗会の開催について >>

トヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックスを展示〈半年間限定展示予定〉

このたび当館では、これまで館外展示場において保管しておりましたトヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックスを館内へ入れ、展示を開始いたしました。

トヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックス(3代目後期型,昭和42年式) 館内展示

当車は、長崎県島原市で自動車鈑金業を営まれた方が、東京都大田区のトヨタ系自動車工場へお勤めされていた昭和42年(1967)7月?に新車で購入された3代目コロナの後期型[42年6月に2度目のマイナーチェンジ]で、その2年後にご家族とともにこのコロナで長崎県へUターン、自動車修理・鈑金業を起こされ、52年頃まで家族旅行などにご愛用、54年に車検満了となったのちも手入れを続けられていたもので、平成18年(2006)12月にご遺族からご寄贈いただきました。

製造者:トヨタ自動車工業 型式:RT40 初度登録年:昭和42年(1967)
長さ:412cm 幅:155cm 高さ:142cm 乗車定員:5人 車両重量:950kg
原動機の型式:2R 燃料:ガソリン 気筒数・内径×行程:直列4・78mm×78mm
総排気量:1.49L 最高出力:70ps/5000rpm フロアシフト:前進4段・後退1段

12月までの半年間展示予定で、以後この場所での展示車両を半年ごとに入れ替える予定です。
他の館内展示車両より車両周囲の空間を広めとしておりますので、ご来館時にどうぞじっくり撮影ください。なお、この場所での展示車両は、内装などの保存状態を良好に保ちたいため、カギをかけますので、車内やエンジンルームの撮影もご希望の方は、ご来館時に館員へ開錠をお申し出ください。日祝日やお盆・社会見学児童来館時など、ご来館者の多い繁忙日や時間帯には開錠に応じられない可能性もありますので、ご来館予定の数日前までに 当館Webページのお問い合わせフォーム よりご来館予定日時に対応可能かお尋ねくださると応じやすいです。
車内撮影ご希望の方は、フラッシュ(ストロボ)のご持参をおすすめします。

トヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックスの車内


トヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックスの前面

3代目コロナは昭和39年(1964)9月に発売、40年にダットサン ブルーバードを抜き国内銘柄別新車販売台数第1位となり、41年には輸出台数でもブルーバードを上回って、カローラが首位となる43年までの間、国内外で最も売れる国産乗用車であったと記録されています。

トヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックスに取り付けのゴールデンシリーズ RT54 ハードトップ 1600S向けフロントグリルとエンブレム

当車は外装・内装ともスポーツセダン風に仕様変更されており、ゴールデンシリーズのRT54 ハードトップ 1600S向けのフロントグリル、エンブレム、計器盤、シート(前席ヘッドレスト付ハイバック)が取り付けられているほか、ステアリング、コンソール、フェンダーミラーなどが換装され、車内グローブボックス下には吊り下げ式クーラーユニットが、エンジンまわりにはブレーキブースター(倍力装置)やクーラー用コンプレッサーなどが追加されています。
*ゴールデンシリーズは、43年4月から9月までのわずか半年間のみコロナにラインアップされていたSOHC 1,600ccの7R型エンジン搭載車で、RT54 ハードトップ 1600S向けエンジンはツインキャブで100psと、RT55 1600GTが搭載の9R型DOHC 110psに迫った。

トヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックスのエンジンルーム

トヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックスの左側面

トヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックスの左側ドア開

トヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックスに取り付けのゴールデンシリーズ RT54 ハードトップ 1600S向け後席
ゴールデンシリーズ RT54 ハードトップ 1600S向けのシートに交換されている
トヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックスに取り付けのゴールデンシリーズ RT54 ハードトップ 1600S向け運転席と助手席

トヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックスのステアリング・計器盤・コンソール・フロアシフトノブ
計器盤はゴールデンシリーズ RT54 ハードトップ 1600S向けのもの(1600GTでは200km/hまで表示)
ステアリングは初代コロナマークII 中〜後期型 ハードトップ 1900 上位グレード向けのもの
自作されたものと思われるコンソールには大きめの時計と油圧計・燃料計などを追加配置


トヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックスのグローブボックス下に追加取り付けの吊り下げ式クーラーユニット
グローブボックス下に追加取り付けのヂーゼル機器製 吊り下げ式クーラーユニット

トヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックスの後面〜右側面

トヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックスの後面

トヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックスのトランク

トヨペット RT40 コロナ セダン 1500 デラックスの給油口
後面ナンバープレート台の内側に設けられているガソリン給油口

18:00 | trackbacks(0)
 

Trackback URL

http://blognews.facm.net/trackback/1238221