high land church
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【完売御礼】 『追憶の井笠鉄道バス』第二版 | main | 予行練習?! >>

マツダD1500(DUB91) 〜D1500はロンパーじゃないよ、ロンパーは空冷だよ!!〜

マツダD1500(DUB91,1964年式) 4月19日撮影【クリックで大きく表示】

先日の旧車イベントに出展いたしました通常非公開の小型四輪トラック、マツダD1500(DUB91)の写真を掲載いたしますので、どうぞご覧ください。

マツダD1500(DUB91,1964年式) 4月19日撮影【クリックで大きく表示】

当館所蔵のマツダD1500(DUB91)は、昭和33年(1958)に東洋工業から発売されたセミキャブオーバー小型四輪トラック“ロンパー”・Dシリーズの最終型で、38年製造、翌39年初度登録の低床9尺荷台1トン積み車です。
香川県内の個人の方が63年(1988)まで車検を継続され、平成2年(1990)に抹消されるまで“香4”のシングルナンバーで所有されていました。

マツダD1500(DUB91,1964年式) 4月20日撮影【クリックで大きく表示】

マツダD1500(DUB91,1964年式) 4月19日撮影【クリックで大きく表示】

マツダ“ロンパー”・Dシリーズは、草ヒロ状態の廃車体を含めても遺存台数は10台ほどではないかと言われるレア車であり、このたび実車を“生”でご覧になられた旧車好き(特に商用車好き)の方には“眼福”を感じていただけたのではないでしょうか…

マツダD1500(DUB91,1964年式)のキャビン 4月19日撮影【クリックで大きく表示】

マツダ“ロンパー”・Dシリーズの概史は次のとおりです。
●昭和31年(1956)秋ごろ 小型四輪トラックの開発に着手
  インダストリアルデザイナーの小杉二郎がキャビンデザインを担当
  先行のトヨエースをライバル視
●33年4月17日 1トン積み小型四輪トラック“ロンパー”DMA81型発売
  長さ:4,290mm 幅:1,680mm 高さ:1,920mm 軸距:2,500mm
  MB型搭載(空冷V型2気筒OHV・1,105cc・32.5HP)
  標準車(低床一方開き車)のみ
  ペットネームの“ロンパー”は「軽快に走る」の意
●同年7月 1.75トン積みの“ロンパー”DHA17型追加発売
  長さ:4,680mm 幅:1,680mm 高さ:1,930mm 軸距:2,800mm
  HB型搭載(空冷V型2気筒OHV・1,400cc・42HP)
  平床三方開き車やダンプカー・バキュームカーなどの特装車を追加
●34年3月17日 水冷エンジンのD1100(DTA81型)・D1500(DUA型)発売
  D1100=1トン積み。TA型搭載(水冷直列4気筒OHV・1,139cc・46HP)
   長さ:4,290mm 幅:1,690mm 高さ:1,910mm 軸距:2,500mm
  D1500=UA型搭載(水冷直列4気筒OHV・1,484cc・60HP)
   初期型の1.75トン積みはDUA17型? 2トン積み化後はDUA12型
   長さ:4,690mm 幅:1,690mm 高さ:1,940mm 軸距:2,800mm
  標準車のリアフェンダーをブリスターフェンダー調に変更
  車体色に三輪トラックと共通のリバーブルーを採用。フロントグリルを変更
◆同年10月8日
 TA型搭載の三輪トラックT1100(TTA型)・UA型搭載のT1500(TUA型)発売

●35年2月27日 D1500(DUA12型)ベースの13人乗りマイクロバス発売
◆36年8月10日
 UA型搭載の1トン積み小型ボンネットトラックB1500(BUA型)発売

●37年4月7日
 1トン積みのD1500(DUB91型)・2トン積みのD2000(DVA12型)発売
  D1500=UA型搭載(水冷直列4気筒OHV・1,484cc・60ps)
   長さ:4,500mm 幅:1,690mm 高さ:1,910mm 軸距:2,610mm
  D2000=VA型搭載(水冷直列4気筒OHV・1,985cc・81ps)
   長さ:4,690mm 幅:1,690mm 高さ:1,940mm 軸距:2,800mm
  車体色をモスアゲートグレーに、シートレザー色を赤系統色に変更
  はめ込み式だったバックウィンドウをスライド式に変更。フロントエンブレムを変更
◆同日 UA型搭載のT1500(TUB型)・VA型搭載のT2000(TVA型)発売
●同年8月 D2000(DVA12型)ベースのマイクロバス発売
●39年1月14日 D2000をE2000(EVA型)にモデルチェンジ
●40年6月20日 D1500をクラフト(DUC型)にモデルチェンジ

マツダD1500(DUB91)とT1500(TUB85N)の並び 4月19日撮影【クリックで大きく表示】

マツダD1500[1962年式以降型]の主要諸元などは次のとおりです。
 製造者:東洋工業株式会社 車名:マツダ 型式:DUB91 
 長さ:4,500mm 幅:1,690mm 高さ:1,910mm 乗車定員:3人
 軸距:2,610mm 最小回転半径:5.1m
 最大積載量:1,000kg 車両重量:1,390kg 車両総重量:2,555kg
 原動機の型式:UA 燃料の種類:ガソリン
 総排気量:1,484cc〔水冷直列4気筒OHV 内径75mm×行程84mm〕
 最高出力:60ps/4,600rpm 最大トルク:10.4kg-m/3,000rpm
 変速機:前進4段・後退1段 最高速度:98km/h
 タイヤ:前輪6.00-16 6PR・後輪6.00-16 8PR 標準価格:50万5,000円
マツダD1500(DUB91,1964年式)のコーションプレート 4月17日撮影

【参考文献】
『マツダニュース』第43号(1958年7月発行)・第63号(1961年11月発行)
『自動車ガイドブック』第10巻(1963-64年版,1963年10月発行)ほか各巻
『1920-1970東洋工業五十年史−沿革編−』(1972年1月発行)
『わがインダストリアルデザイン 小杉二郎の人と作品』(1983年4月発行)

【おまけ】
兵庫県の某廃車体集積地に遺存していたD1100(1959〜61年式)の廃車体
兵庫県某所の廃車体集積地に遺存していたマツダD1100(1959〜61年式)の廃車体
兵庫県某所の廃車体集積地に遺存していたマツダD1100(1959〜61年式)の廃車体
17:00 | trackbacks(0)
 

Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。