high land church
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 奈良交通特集記事掲載誌『月刊 大和路ならら』 | main | 『バスグラフィック』Vol.18に豊後高田市のボンネットバス紹介記事掲載 >>

追憶のクレーン車たち

約半世紀前、この場所にボンネット型クレーン車などを並べ撮影された写真(2L判モノクロプリント)を、とある市内企業の社長様からご寄贈いただきましたので、ご覧に入れましょう!
福山市南本庄四丁目の芦田川左岸河川敷と対岸・草戸町の草戸稲荷神社周辺【クリックで大きく表示】

福山市本庄町(現 南本庄四丁目)の芦田川左岸河川敷で昭和40年頃に撮影されたクレーン車・杭打車の並び写真【クリックで大きく表示】
この写真は、福山市本庄町(現 南本庄四丁目)の芦田川左岸河川敷にあった自動車練習所の北側に、同町内の土木建設会社のクレーン車などが並べられ撮影されたもので、各車両の製造年代や登録車両のナンバープレートの様式などから、昭和40年頃に撮影されたものと思われます。

福山市街図(1/13500,昭和41年2月 塔文社発行,当館関係者所蔵)より部分抜粋【クリックで大きく表示】
昭和41年発行の福山市街図(が当該箇所)と現行地図における同区域

日野ZK11トラッククレーン(1961〜66年式,DS50搭載,軸距4370mm,後輪2軸・6輪全輪駆動)
並び中央のこのトラッククレーンは、日野ZK11(1961〜66年式,DS50搭載,軸距4370mm,後輪2軸・6輪全輪駆動)と認められます。


(向かって)右端のクレーン車は日野TA14型トラックベースのZL100(1962〜63年式,DS50搭載,軸距4200mm)、その左側のクレーン車のベースはニッサンディーゼル6TW12S(1963〜65年式,UD6搭載,軸距4300mm,後輪2軸)と思われます。


左端のクレーン車のベースはニッサンディーゼル6TW12S(上掲のものよりやや古い1961〜63年式)、その右側の杭打車のベースは いすゞTWD20(1962年式〜,DA120搭載,軸距4000mm,後輪2軸・6輪全輪駆動)と思われます。
また、杭打車は“北川の杭打機”と表示されていることから、府中市の北川鉄工所で製造されたものかと思われます。

ニッサンディーゼルと日野のボンネットトラックシャーシに架装された油圧式クレーンには、3台とも濃地に白抜き文字で“HNC”と表示されており、これがクレーン製造者を表すものと思われますが、それがどのメーカーのものだったのか定かでなく、ご存じの方がいらっしゃいましたら、どうぞご教示ください。

【参考文献】
『自動車ガイドブック』第8巻〜第13巻(1961年版〜1966年版)
『日野自動車工業40年史』(日野自動車工業,1982年)
17:15 | -