high land church
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< あつい!呉市のボンネットバス 〜あついは、すずしいの、一歩手前?!〜 | main | 中古車業界誌『オークマン』6月号に当館紹介記事掲載 >>

ノス看 〜広島県内に残るノスタルジックな車名入り看板〜

古い「マツダ」の看板を掲げ続けられている福山市中心部の某自動車店(廃業済?)
県内の自動車店の軒先や街角に残るノスタルジックな車名入り看板を紹介いたします。
ここに紹介いたします看板は、いずれも1970年代以前から掲げ続けられていると思われるもので、昨年から今年にかけて不意に確認することができたものです。
みなさまのお住まい近くにも、このような“ノス看”が残されていませんか?
 【関連前掲記事】
 マツダの古い内照式看板を譲り受けて館内展示を始めました(2011.12.16)

福山市中心部の某自動車店(廃業済?)に残る「マツダ」の看板
福山市中心部の某自動車店(廃業済?)に残る古い「マツダ」の看板
この「マツダ」の商標デザイン(書体)は、1951年1月から、現在“マツダブランドシンボル”(通称 カモメマーク)と併用されている旧ブランドシンボル「mazda」(現“マツダコーポレートスクリプト”)が制定された1975年まで使用されていたもので、この看板は掲げられて38年以上経過しているものと認められます。
この商標使用期間末期の1974年から75年にかけてラインアップされていたマツダの乗用車は、次のとおりです。
  ルーチェ(2代目)、カペラ(2代目)、サバンナ、グランドファミリア、
  ファミリアプレスト(3代目ファミリア)、シャンテ(軽乗用車)


尾道市中心部に残る「コルト800・1000F」の広告入り街区表示看板
尾道市中心部に残る「コルト800・1000F」の広告入り街区表示看板
ファストバックスタイルで異彩を放った三菱重工業(水島自動車製作所製)のコルト800と1000Fは、800が1965年11月から68年10月頃まで、1000Fが1966年9月から69年5月頃まで販売された乗用車なので、この看板は1966年9月以降の2年間に製作され、45年以上掲げ続けられているようです。
ちなみに、当館では、1968年11月発売以来わずか半年間しか販売されなかったコルト1100F SS(スーパースポーツ)を所蔵しております。


某島の自動車店(開店休業状態?)に残る「フェローMAX」の名入り看板
広島県某島の自動車店(開店休業状態?)に残る「フェローMAX」の名入り看板
ダイハツの軽乗用車・フェロー(初代,1966年9月発売)がフルモデルチェンジされて1970年4月に発売されたフェローMAXは、77年7月頃までの約7年間販売されたロングセラーモデルで、フェローMAXの名入り看板は、広島県内のみならず全国的にも数多く自動車店の軒先などに残されており、ダイハツ工業が当時この軽乗用車に社運をかけていたことがうかがわれます。
「フェローMAX」の名入り看板を掲げ続けられている広島県某島の自動車店(開店休業状態?)


【おまけ】
福山市中心部の某自動車店で看板代わりに祀られているフロンテ360

福山市中心部の某自動車店で保存されているスズキ フロンテ360(2代目,LC10,前期型スタンダード?)
1968年10月のマイナーチェンジ(安全性向上)で2代目フロンテ360全グレードの運転席に標準装備されたヘッドレストが見えないことから、シートが倒されていたり、ヘッドレストなしのシートに交換されていなければ、このフロンテ360(スタンダード?)は、1967年6月の発売以降そのマイナーチェンジまでに販売された前期型ではないかと思われますが、“年なし”とはどういう意味なのでしょう?書類なしで初度登録年不明という意味?
15:50 | trackbacks(0)
 

Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。