high land church
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 戦後復興期の時計業界誌 『時計と経営』 | main | NHK土曜ドラマスペシャル「とんび」 文化庁芸術祭優秀賞受賞 >>

井笠鉄道(井笠バス)の‘色’を記録する

【2017年12月23日追記】
井笠鉄道と川重車体工業・富士重工業などが交わされた車両製作仕様書に記載の色番号を確認し、製作にあたり指定された色番号とその変遷を把握することができましたので、正確を期す記録として改めて記事を掲載いたしました。新記事をご覧ください。


先日、当館所蔵車両の車体塗料を塗料会社へ注文するにあたり、塗色検討のため塗料会社から「バス車体用塗色見本帳」(日本自動車車体工業会発行)を借り受けたついでに、中国バス(井笠バスカンパニー)福山東営業所[旧 井笠鉄道 福山自動車営業所]を訪れ、井笠鉄道のバス外装色番号を記録させていただきました。

井笠鉄道の日野PDG-KR234J2レインボーII(2011年式,ジェイ・バス,社番H1101,福山200か447) 旧同社福山自動車営業所において2012年10月18日撮影

一般路線車使用色
BUS-5055

一般路線車・貸切車共通使用色
BUS-7025

BUS-1005

貸切車使用色
BUS-1036


【参考】 この記事での各色表示コード
BUS-5055 = #3869a1  BUS-7025 = #9da095
BUS-1005 = #42070d  BUS-1036 = #e14a11

【注記】
●井笠鉄道(井笠バス)の車両外装色と「バス車体用塗色見本帳」との照合は、薄曇りの屋外において目視観察で行いました。
●一般路線車使用色は、同社最後の新車導入車となった2011年式の日野PDG-KR234J2レインボーII(社番H1101,福山200か447)で照合しました。
●照合に使用した「見本帳」は1989年版であり、最新の2005年版(日本自動車車体工業会より購入可能)とは色合いがやや異なる可能性があります。
●井笠鉄道が各車両導入時に車体メーカーなどへ指示された実際の塗色番号とは異なる可能性もありますので、およその目安の色番号とご了解ください。
●バス模型などに塗装される場合、実車と全く同じ色を塗装されますと、実車の色合いより濃く見えてしまう可能性がありますので、やや薄めに調色されるなど、製作者各位のご判断と責任により塗色をご決定ください。
15:30 | trackbacks(0)
 

Trackback URL

http://blognews.facm.net/trackback/1237626