high land church
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ハロー! ハローBC | main | NHK土曜ドラマスペシャル「とんび」後編 明日夜9時から放送 >>

ダイハツ ハローBCの細部画像

ダイハツ ハローBC(Hallo BC,型式B20)
昨日、岡山市東区のK様よりご寄贈いただいたダイハツ ハローBC(Hallo BC)の
細部画像などを追加掲載いたします。どうぞご覧ください。

【前掲記事】ハロー! ハローBC(2012.1.11)
ダイハツ ハローBC(Hallo BC,型式B20)
ダイハツ ハローは、英国・バーミンガム スモール アームズ(BSA)社の三輪モペッド(ペダルのある原動機付自転車)“Ariel3”(2サイクル50cc,1970年発売)をモデルに開発されたもので、ホンダの三輪スクーター“ストリーム”より7年も早く、1974年にエンジン車“ハロー”(型式B10,強制空冷2サイクル単気筒49cc,3.5ps,17万9千円)が、翌75年11月に電動車“ハローBC”
(型式B20,定格出力550W自然空冷直流モーター搭載,25万9千円)が発売されました。
ダイハツ ハローBC(Hallo BC,型式B20)
ダイハツ工業では、1965年の電気自動車研究着手以来、1971年に集配用軽三輪電気自動車“DBC−1”(当館展示)が市販化されるなど、電気自動車の開発・実用化が積極的に進められ、また、1973年に第一次オイルショックが発生し、翌74年に高度経済成長が終焉を迎えるという混沌とした状況下にあって、酒店など個人商店向けの戸口配達商用車として、“ハローBC”の発売は時宜にかなっていたものの、自動車店でのみ販売され二輪車店では取り扱われることがなかったことと、他の50cc車に比べ倍近く割高だった“ハロー”にも増して高価だったことが災いし販売は振るわず、発売翌年に早くも販売打ち切りとなったため、“ハローBC”の遺存台数は極めて少ないと言われています。
ダイハツ ハローBC(Hallo BC,型式B20)

ダイハツ ハローBC(Hallo BC,型式B20)

ダイハツ ハローBC(Hallo BC,型式B20)

ダイハツ ハローBC(Hallo BC,型式B20)

ダイハツ ハローBC(Hallo BC,型式B20)

ダイハツ ハローBC(Hallo BC,型式B20)

ダイハツ ハローBC(Hallo BC,型式B20)

ダイハツ ハローBC(Hallo BC,型式B20)

ダイハツ ハローBC(Hallo BC,型式B20)

ダイハツ ハローBC(Hallo BC,型式B20)

ダイハツ ハローBC(Hallo BC,型式B20)

当館では、市内大黒町の酒店(既閉店)より譲り受けたエンジン車“ハロー”も所蔵しています。
ダイハツ ハロー(エンジン車,型式B10)とハローBC(電動車,型式B20)の2台並び【クリックで大きく表示】
この2台は、来月2月19日(日)に当館駐車場(バス駐車場)を会場に開催される旧車イベント「第4回糸目フェス」に出展する予定です。
16:40 | trackbacks(0)
 

Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。