high land church
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 東北関東大震災義援金募金箱を設置しました | main | 鳥取県岩美町のボンネットバス・いすゞBXD30の今年の運行について >>

『海を抱いたビー玉』の心を東北へも関東へも

『海を抱いたビー玉』の“心”を被災地域へ

当館ミュージアムショップで販売しております小説『海を抱いたビー玉〜甦ったボンネットバスと少年たちの物語〜』の売上金から、1冊あたり1,050円を東北関東大震災の被災者・被災地域への義援金として、先に設置の募金箱へみなさまから寄せられる義援金とともに寄付させていただくことといたしました。

新潟県南魚沼郡湯沢町の魚沼交通で活用いただいているボンネットバス・いすゞBX341(2004年当館再生)にかかわる実話を題材とされたこの小説では、「新潟県中越地震」で被害を受けられた旧山古志村に取材された二つの“章”があり、また“あとがき”が書かれる直前には「新潟県中越沖地震」が発生し、この小説の売上金の一部を被災地域への義援金とする決定がなされるということがありました。
よって、今ひとたび、この小説に込められた人びとを励ます“心”を被災地域へ届けたいと思います。

みなさまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

すでにご購読済みの方は、どうぞ再読ください。

著者は“あとがき”で語っています。
“…旧山古志村の取材で「復興中に忘れられてしまう哀しさ」を知らされた…”と。


『海を抱いたビー玉〜甦ったボンネットバスと少年たちの物語〜』(山海堂版)の概要
著者 森沢明夫氏
価格 1,365円(税込)
内容 愛されて「心」を持ったボンネットバスと、手にした者に勇気を与えるビー玉が、時を越え運命に導かれながら旅をする。事実に基づいた奇跡と感動の物語。


【関連前掲記事】
東北関東大震災義援金募金箱を設置しました(2011.3.18)
17:50 | trackbacks(0)
 

Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。