high land church
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 当館と鞆鉄道のボンネットバスと5Eがコラボ | main | 2月13日(日)、当館駐車場を会場に旧車イベントが開催されます >>

サンエイムック『バストラ』Vol.1にボンネットバス・いすゞBX141掲載

バストラ Vol.1 表紙
明日1月31日(月)に三栄書房から発売される“働くクルマと働くドライバーのグラフィック誌”『バストラ』Vol.1(創刊号,全100ページ)に、大分県豊後高田市ボンネットバス・いすゞBX141(1957年式,北村製作所)と、同車が活躍する「昭和の町」、そして同車を再生した当館などの紹介記事が16ページにわたって掲載されました。
この記事の執筆者は、同誌編集者であり、「GT-R」専門ウェブマガジン『GTR-WORLD.net』も運営されるCOOLARTS(クールアーツ)代表の杉野勝秀氏です。
そして、写真撮影カメラマンは、argos(アーガス)代表で、自動車写真撮影の巨匠・北畠主税氏です。

同車の修復作業の過程をたどる当館提供写真も多数掲載され、また、いすゞBXの変遷がうかがわれる代表的型式の写真(いすゞ自動車提供)や年表も掲載されています。

みなさま、どうぞご購読ください。
当館ミュージアムショップでも取り扱っております。どうぞご利用ください。

同誌の概要については、同社『REV SPEED』(レブスピード)編集長のブログで紹介されています。次のURLをご参照ください。
http://minkara.carview.co.jp/userid/709801/blog/21228649/
http://minkara.carview.co.jp/userid/709801/blog/21277520/

【おまけ】
ボンネットバス・いすゞBX141(1957年式,北村製作所)修復作業状況(2008年5月15日撮影)
同車修復作業開始6日後に撮影の写真です。
同誌掲載の当館提供写真には、修復作業開始当初に撮影した同様の写真も含まれています。
18:00 | trackbacks(0)
 

Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。