high land church
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ボンネットバス・トヨタDB100が岡山県高梁市で活躍しました | main | トミーテックのトミカリミテッドヴィンテージ Honda T360を販売します >>

『昭和30年代のバス・全国版』発売

文芸社発行『昭和30年代のバス・全国版』のカバー+帯
11月9日に文芸社から単行本『昭和30年代のバス・全国版 バスが走る日本の原風景』が発売されました。
主に昭和30年代に撮影された全国各地(通称「730」以前の沖縄県のものを含む)のボンネットバスなどの写真約130点が、地方別に収録されているほか、9事業者の「バス廃線アルバム」、90事業者の「バス車体カラー図鑑」、162事業者の「廃止・統合バス事業者データベース」も掲載されており、バスファン必見の内容となっています。

著者は、先年ロコモーションパブリッシングから発行された『ボンネットバスが好き』や、8月に戎光祥出版から発行された『シャシー・ボディメーカー別 昭和のバス名車輛』も手がけられたフリーランス編集者・坂田哲彦氏です。

中国地方関係では、地方別に編集されたページに、次の見出しの写真が掲載されています(掲載ページ順)。
 「鉄砲町電車通り 荷車を曳く馬と日産390」
 「松江と広島の間を結ぶ一畑電鉄の夜行バス」
 「上から見た昭和時代の広島バスセンター其ノ一〜三」
 「山陰の田舎道を走る日ノ丸自動車のBD31」
 「国鉄の愛宕踏切を渡る広島バス・広電バス」
 「大型ボンネット車 いすゞBX91」
また、「バス廃線アルバム」のページには、ニコニコバス(中国バスの前身会社)、倉敷市交通局、山口市営バスが掲載されています。

当館の名も、巻頭の「はじめに」などで紹介されています。

11月12日より当館ミュージアムショップでも取り扱っておりますので、ご来館時にどうぞお求めください。

当書の概要は次のとおりです。
書名:昭和30年代のバス・全国版
副題:バスが走る日本の原風景
著者:坂田哲彦(さかた てつひこ)  出版社:文芸社
判型:A4判並製  ページ数:144ページ
発行日:2010年11月15日  定価:2,625円(税込)
ISBN:978-4-286-09898-2

文芸社では、D100H型エンジン搭載のいすゞBU04D(1971年式)と、UD4型エンジン搭載の日産ディーゼル4R95(1972年式)のエンジン音などを聞くこともできる特設サイトを設けられています。あわせてご参照ください。

完売いたしました。

【おまけ】
当書の発行を記念し、「バス廃線アルバム」のページに関連して、当館所蔵写真から、ニコニコバスの外装を保つ車両(左から2番目)などが写る中国バス4台並びの写真(1979年に撮影されたものか)と、倉敷市交通局のふそうMR410(1969年式,三菱重工業)「岡2い2423」(局番161)の写真(1979年撮影)を掲載いたします。
昨年末、神奈川県在住のバスファンの方からご寄贈いただいたバスおよびバスガイド・車掌などの写真プリント約2800枚のうちに含まれていたものです。
往年の中国バス4台並び
倉敷市交通局のふそうMR410(1969年式,三菱重工業)
(倉敷市交通局のふそうMR410の型式と年式は、やんたけ様のご教示によります。)
14:40 | trackbacks(0)
 

Trackback URL

http://blognews.facm.net/trackback/1229846