high land church
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
科学技術週間とボンネットバス試乗会のお知らせ【試乗会は例年より一週早く15・16日開催】
<< 西保育所で「時の記念日」や時計についてのお話をしました | main | ボンネットバス公開イベントの開催について >>

ボンネットバス・日野BH15の再生について

日野BH15(1961年式,帝国自動車工業)
当館では、本日、ボンネットバス・日野BH15(1961年式,帝国自動車工業)を再生いたしました。
保存車両4台と希少な日野製ボンネットバスでは、2番目に古く、BH15では最古の初年度式69号車です。
[日野製ボンネットバスの保存車両最古は、当館の日野BA14(1958年式,東浦自動車工業)です。]
当館で7月下旬にボンネットバスの公開イベントを計画しており、このイベントにおいて、日野BH15も公開する予定です。
このイベントにつきましては、後日、この最新情報Blogでお知らせいたします。
修復前(2005年9月24日撮影)
修復前(2005年9月24日撮影)
修復前(2005年9月24日撮影)
修復前(2005年9月24日撮影)
修復前(2007年4月1日撮影)
修復前(2005年9月24日撮影)
このボンネットバス・日野BH15の概要は次のとおりです。
車名・型式:日野BH15【*注】
年式:1961年(昭和36年)
車台製造者:日野自動車工業
車体製造者:帝国自動車工業蝓焚I融圈
当初使用者:羽後交通蝓塀田県横手市)
抹消登録年:1972年(昭和47年)
廃車体遺存場所:秋田県湯沢市内
廃車体収蔵年月:2005年9月
修復開始年月:2007年4月(中断期間12か月余りあり)
修復完了年月:2010年6月
乗車定員:63人(座席数:34席)
長さ:9.76m  幅:2.48m  高さ:3.04m
車両重量:6690kg
原動機の型式:DS70(元DS50)
総排気量:7.01L(元7.98L)

【*注】 自動車検査証上の型式は、BH15改です。
改は改造を意味し、元々搭載されていた原動機(エンジン)DS50が修理不能であったため、DS70を載せ替えています。
16:40 | trackbacks(1)
 

Trackback URL

http://blognews.facm.net/trackback/1189770

Trackback

 かつて近所の釣堀で物置として使われていた、廃バスが数年前のある日忽然と姿を消しました。   [画像]  ああ、あのバスもスクラップとなってしまったのか、昭和の影も一つひとつ無くなっていくんだな〜と思っていたところ、ある人から「あのバスは、広島にある福山
ボンネットバス・日野BH15 | teamjokerのページ | 2010/12/07 20:58