high land church
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『バスグラフィック』Vol.2にグラビア「平成ボンネットバス物語」掲載

バスグラフィックVol.2 表紙
3月31日にネコ・パブリッシングから発行された『バスグラフィック』Vol.2に、「平成ボンネットバス物語」と題されたグラビアが掲載されています。
当館関係では、日野BA14と魚沼交通のいすゞBX341の写真が掲載されています。
日野BA14の写真は、2006年7月に上京し、当館ゆかりのいすゞTSD43が展示されている江戸東京たてもの園を訪問した際に、同園北側の木立の隘路で撮影されたものです。
魚沼交通のいすゞBX341の写真は、2007年2月に新潟県南魚沼市の雪まつりのシャトル便に供された際に撮影された夜間車内写真です。
ご担当されましたT様、ありがとうございました。
この「平成ボンネットバス物語」は、連載予定だそうです。
どうぞご購読ください。

なお、同誌では、1950〜70年代当時に撮影されたボンネットバスなどの写真も募集されています。
同誌「バス実車写真募集」のページ(Vol.2では90ページ)に記載の応募要項・方法をご参照になり、ご応募されてはいかがでしょうか。
13:00 | trackbacks(0)

『バスラマ』112にボンネットバス掲載

バスラマインターナショナル112 表紙
明日25日にぽると出版から発行される『バスラマ インターナショナル』112の巻頭トピックスにおいて、ボンネットバスの話題として、昨年12月7日に大分県豊後高田市で開催された「昭和の町レトロカー大集合」で、ボンネットバス5台の展示・パレード・試乗会などが行われたことが紹介されています。
当館の日野BA14を先頭に、メイン会場であった昭和の町駐車場脇をオープニング・パレードするボンネットバスの写真が掲載されています。
みなさま、どうぞご購読ください。
写真を提供されました あきじ様、ありがとうございました。

【関連前掲記事】
ボンネットバスファンも必読 『年鑑バスラマ2008→2009』

大分県豊後高田市「昭和の町レトロカー大集合」にボンネットバス出展
豊後高田市「昭和の町レトロカー大集合」ボンネットバス展示・乗車体験日程
大分県豊後高田市「昭和の町レトロカー大集合」ボンネットバス出展記
15:30 | trackbacks(0)

ボンネットバスファンも必読 『年鑑バスラマ2008→2009』

国内のバス車両やバス事業の動向などを紹介されるバス年鑑『年鑑バスラマ2008→2009』が、12月20日にぽると出版から発売されます(定価2,100円)。
年鑑バスラマ2008→2009
「歴史編 ボンネットバスと日本のバス趣味界」では、バスラマ編集長・和田由貴夫氏によるボンネットバス現役当時の実体験、ボンネットバスが終焉をむかえた頃の様子、バス趣味の方々によって「日本バス研究会」と「日本バス友の会」が組織化された頃のことが、貴重な写真を交えて述べられており、ボンネットバスファンも必読の内容となっています。
どうぞご購読ください。

当館関係では、9月に参加いたしました熊本県山江村主催「全国のボンネットバス大集合」の写真が、巻頭の「2008年 国内バスハイライト」と前述の「歴史編」に、再生作業待ちのトヨタDB95の1979年4月時点の廃車体写真が「歴史編」に、それぞれ掲載されています。
どうぞご覧ください。
トヨタDB95(1964年式,川崎航空機工業) 2007.4.21琺瑯看板補完委員会様撮影
写真提供:琺瑯看板補完委員会

17:30 | trackbacks(0)

九七式側車付自動二輪車 『月刊アーマーモデリング』'09年1月号に掲載

くろがね九七式側車付自動二輪車
当館展示の「くろがね九七式側車付自動二輪車」が、ミリタリーモデラーの専門誌『月刊アーマーモデリング Armour Modeling』2009年1月号(111)に掲載されました。
今号特別付録「ピットロード製 1/35 帝国陸海軍 九七式側車付自動二輪車 陸王」をディテールアップするための参考資料として、細部写真等が3頁にわたって掲載されています。
どうぞご購読ください。
『月刊アーマーモデリング』2009年1月号(111)表紙
発行:大日本絵画 編集:アートボックス 発売日:12月13日 特別定価:2800円

【参考】「くろがね九七式側車付自動二輪車」図書掲載履歴
『オールドタイマー Old-timer』66(2002年10月号)
17:30 | trackbacks(0)