high land church
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

メルセデス・ベンツ170S-D(車内)出演のテレビ番組 NHK広島・岡山放送局で放送

NHK広島放送局・岡山放送局 総合 
7月19日(金)午後7時30分〜午後7時56分
[再放送]7月20日(土)午前7時30分〜午前7時56分


2019年6月27日NHK広島放送局制作番組の撮影へ提供時のメルセデス・ベンツ170S-D

当館所蔵(館内展示)のメルセデス・ベンツ170S-D(1954年式)を撮影に提供したNHK広島放送局制作の中国地方向けテレビ番組、ラウンドちゅうごく「バックミラーの中の“原爆市長”〜復興に散った命の素描〜」が上記日時に放送されます。どうぞご覧ください。

とある小型車の車内という設定で、車内でのやり取りの再現シーンの撮影に使われました。
同じく再現シーンの撮影に提供した九七式側車付自動二輪車くろがね号もチラっと登場!?
17:30 | trackbacks(0)

いすゞ K-PAD30V フローリアンバン ディーゼルを展示〈半年間限定展示予定〉

いすゞ K-PAD30V フローリアンバン ディーゼル(セパレートシート,昭和54年式) 館内展示

このたび当館では、いすゞ K-PAD30V フローリアンバン ディーゼル(セパレートシート)の館内展示を開始いたしました。12月までの半年間展示予定です。夏休みや秋の三連休などに、どうぞご観覧にお越しください。

続きを読む
17:55 | trackbacks(0)

『高速有鉛デラックス』Vol.70に豊後高田のいすゞBX141リフレッシュ記録掲載

高速有鉛デラックス Vol.70

隔月刊で26日発売の旧車雑誌『高速有鉛デラックス』Vol.70(編集 FEN、発行 内外出版社)に、大分県豊後高田市の昭和の町で活躍するボンネットバス・いすゞBX141(北村製作所,1957年式)が1月中旬から4月上旬までメンテナンスと車内リフレッシュのため福山へ里帰りしていたときの記録と、それに伴い当館の日野BA14(東浦自動車工業,1958年式)が同市へ3月上旬までお邪魔した記録が掲載されています[糸目姐さんのリアル失血日記 第48回]
また、第15回昭和の町レトロカー大集合のレポートにはダイハツDBC-1などがチラッと登場。
当館ミュージアムショップでも取り扱っておりますので、ご来館時にお求めください。

ボンネットバス・いすゞBX141と日野BA14の並び 1月11日朝撮影

【関連前掲記事】
『高速有鉛デラックス』Vol.48に いすゞBX141のレストア記録掲載(2015.10.27)
『高速有鉛デラックス ザ・ベスト Vol.1 はたらくじどうしゃ』(2018.11.4)
『高速有鉛デラックス』Vol.68にダイハツ 集配用電気自動車 DBC-1掲載(2019.2.26)
13:50 | trackbacks(0)

開館30周年記念ボンネットバス試乗会と記念式典の開催について

おかげさまで 開館30周年!!

平成元年(1989)7月4日の開館より30周年を迎えることを記念して、7月6日()・7日()の両日、ボンネットバス試乗会を開催いたします。
開館記念につき、両日は、みなさま割引料金でご入館いただけます。6日は土曜日につき高校生以下の方は無料です。 ご家族・ご友人お誘い合わせのうえ、どうぞご来館ください。

ボンネットバス・ニッサンU690(渡辺自動車工業,1963年式)


7月7日()午前10時より開館30周年記念式典を当館で開催いたします。
式典当日ご来館の方々には、1988年瀬戸大橋開通記念クラシックカーパレード記録DVD・館長評伝本(弥山政之氏著)・館長自著のいずれかを記念品として進呈いたします(次の画像下段)。
同日午前中は当館駐車場が混雑する可能性があります。できるだけ自家用車以外の交通手段でご来館くださいますよう、お願い申し上げます。
路線バスご利用の場合は、福山駅前7番バスのりば9:30発 中国バス向陽循環線(北吉津先回り)へご乗車になり「北吉津住宅」で降車してください[所要約5分・運賃大人170円]。

開館30周年記念式典案内状添付チラシ
6.30追加掲載


ボンネットバス試乗会の概要は次のとおりです。
続きを読む
14:40 | trackbacks(0)

6月10日は「時の記念日」です

卦算時計
和時計の一種 卦算時計(けさんどけい)

6月10日(月)は、「時の記念日」です!

「時の記念日」は、『日本書紀』の天智天皇10年(671)4月25日(新暦6月10日)の記述に、わが国で初めて「漏刻〈ろうこく〉(水時計)」を使い、鐘を打って人びとに時を知らせたとあることにちなみ、大正9年(1920)に東京天文台と生活改善同盟会により制定されました。

当館では、ご来館のみなさまが時の流れを伝える様々な時計に触れられることにより、時間を大切にされる暮らしを育まれるきっかけとしていただけるよう、毎年6月10日大人の方の入館料を割引高校生以下入館無料としております。どうぞこの機会にご来館ください。
14:00 | trackbacks(0)